トリチウムなど含む処理水の処分 菅首相「先送りできない」

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分について、菅総理大臣は、福島の復興にあたって先送りできない課題だという認識を示したうえで、安全性について国内外の理解を得るため、科学的な根拠に基づいて説明を尽くしていく考えを示しました。

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法について、政府は13日にも関係閣僚会議を開き、海への放出を決定する方針です。

菅総理大臣は、衆議院の決算行政監視委員会で「近日中に方針を決定したい。福島の復興にあたり、処理水の処分は避けて通れない、いつまでも先送りできない課題だ」と述べました。

そして「漁業者をはじめ、風評への懸念から、処理水の海洋放出に反対の声があることは認識している。真摯(しんし)に向き合い、万全の対策を講じていくことが大事だ」と述べ、安全性について国内外の理解を得るため、科学的な根拠に基づいて説明を尽くしていく考えを示しました。