イランの核施設で「電気系統に問題」 イラン原子力庁

イラン原子力庁の報道官は11日、中部にある核施設で電気系統に問題が起きたと発表しました。この施設はイランの核開発で中心的な役割を担っていて、ウラン濃縮に使う高性能の遠心分離機が新たに稼働したばかりでした。

イラン原子力庁のカマルバンディ報道官は、11日朝、中部ナタンズにある核施設で電気系統に問題が起きたと発表しました。

詳細は明らかになっていませんが、けが人などはなく、原因を調査中だとしています。

この施設はイランの核開発で中心的な役割を担っていて、10日には、ロウハニ大統領がウラン濃縮に使う高性能の遠心分離機を新たに稼働させたと明らかにしたばかりでした。

ナタンズの核施設では去年7月、遠心分離機を開発する建物で爆発や火災が起きていて、イラン政府は敵対するイスラエルが関与した破壊工作だと主張しています。

イランの核開発問題をめぐっては、アメリカのバイデン政権がトランプ前政権が離脱した核合意への復帰を目指していて、アメリカとイランの代表団は今月からEU=ヨーロッパ連合などを介し間接的な協議を始めています。

一方、イランと敵対するイスラエルは核合意に反対しています。