小1女児 電車にはねられ死亡 近くで妹と遊んでいたか 大阪

10日午前、大阪 富田林市の近鉄長野線の線路で小学1年生の女の子が電車にはねられ、死亡しました。女の子は近くで妹と遊んでいたということで、警察が詳しい状況を調べています。

10日午前11時20分すぎ、富田林市喜志町の近鉄長野線の線路で、奈良県五條市に住む小学1年生の増田月結(つゆ)さん(6歳)が上りの準急電車にはねられました。

増田さんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

電車の乗客およそ200人にけがはありませんでした。

警察によりますと、増田さんは母親が用事で外出するため4歳の妹とともに現場近くの母親の実家に預けられていて、事故の直前、近くの田んぼで妹と遊んでいるところを祖母が確認していたということです。

現場は、近鉄長野線の喜志駅から北に500メートルほどの田んぼや畑に囲まれたところで、付近に柵などはないということで、警察が詳しい状況を調べています。