大相撲 陸奥部屋所属の若者頭が新型コロナに感染

日本相撲協会は、陸奥部屋に所属している若者頭が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

日本相撲協会によりますと、10日、陸奥部屋に所属し若手を指導するなどの役割を担う若者頭が、発熱とけん怠感があったため新型コロナウイルスの抗原検査を受けたところ陽性だったということです。

この若者頭は自宅で隔離されていて、今のところ力士などに濃厚接触者は確認されていないということです。

日本相撲協会は今後、保健所の指示に従って濃厚接触者の調査を続けるとともに本人の入院などの対応を行う予定です。