チケット販売大手「ぴあ」 全店舗の運営 6月末で終了へ

チケット販売大手の「ぴあ」は、全国にある店舗の運営を、6月末ですべて終了すると発表しました。
インターネットによるチケット販売が主流となったことに加えて、新型コロナウイルスの影響で店舗での販売額が大きく低下し、役目を十分に果たしたと判断したということです。

発表によりますと、ぴあは全国にある「ぴあステーション」など77店舗の運営をことし6月末で終了します。

今後は、インターネット販売を中心に、サービスを提供していくとしています。

ぴあは、1972年に月刊誌「ぴあ」を創刊、最も多い時には全国に600以上の店舗を展開しました。

人気アーティストのコンサートチケットの発売前には、店舗の前に徹夜の行列ができることもありました。

しかし、インターネットによるチケット販売が年々、増えていて、店舗の売り上げは2019年度には全体の3%未満まで低下していました。

さらに、新型コロナウイルスの影響で昨年度は、1%程度まで下がったことから会社としては店舗の役目を十分に果たしたと判断したということです。

ぴあは、感染拡大で大型イベントなどの延期や中止が響き、昨年度の決算が65億円の最終赤字になる見通しです。