小室さん文書 眞子さま「理解してくださる方いらっしゃれば」

小室圭さんが、母親と元婚約者の男性の金銭問題について詳しく説明する文書を公表したことについて、秋篠宮ご一家を支える宮内庁の側近部局トップの加地隆治 皇嗣職大夫は9日、定例の記者会見で秋篠宮ご夫妻や眞子さまの受け止めを明らかにしました。

この中で加地 皇嗣職大夫は、秋篠宮ご夫妻について「小室家側がこの問題を解決するために行ってきたいろいろな対応が見える形になるように努力したものという風に受け止めておられるようにお見受けしております」と述べました。

また今回の文書の公表も含め、金銭問題について報じられて以降の小室さん側の対応について、眞子さまも相談に乗られていたことを明らかにしました。

そして、文書の記述のうち「何の話し合いもせずにお金をお渡しするという選択はせず、元婚約者の方とお互いの認識についてきちんと話し合い、ご理解を得た上で解決する」という基本方針については、眞子さまの意向が大きかったと聞いていると述べました。
そのうえで加地 皇嗣職大夫は、眞子さまのコメントも紹介し「今回発表された文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」と話されていることを明らかにしました。

一方、延期されている結婚に向けた行事については「具体的なこれからのスケジュールについては、これからも関係の皆様でご相談になりながらお決めになっていかれると思います。しかるべき時期にはご説明があるのではないかと思っております」と述べました。