通信や放送などで功績「前島密賞」贈呈式 29人と3団体が受賞

通信や放送などの分野で優れた功績があった人に贈られる「前島密賞」の贈呈式が行われ、29人と3つの団体が受賞しました。

この賞は、明治時代に郵政事業の基礎を築いた前島密を記念して、通信や放送、郵政事業の分野で優れた功績があった人に毎年、贈られています。

9日、東京都内で行われた贈呈式では、4つのグループの共同研究を含む合わせて29人と3つの団体に賞が贈られました。

このうち、NTTドコモの技術者などのグループは、高速・大容量の通信規格5Gの実用化に向けた研究開発を行い、国際標準化と開発に貢献しました。

また、キャスターとして国際問題を分かりやすく伝えてきた元NHK解説委員長の柳澤秀夫さんや、気象情報を手話で表現するCGアニメーションの自動生成システムの開発などを進めたNHK放送技術研究所などのグループも受賞しました。

また、今回から今後一層の功績が期待される人などに贈られる奨励賞も新たに設けられ、5人が選ばれました。