参院選の1票の格差是正 代表者による協議会設置で各会派合意

参議院選挙の1票の格差の是正に向けて、参議院の各会派の懇談会が開かれ、代表者による協議会を設置し議論を進めることで合意しました。

おととしの参議院選挙での1票の格差について、最高裁判所は去年11月の判決で、憲法に違反しないものの是正を図る国会の取り組みが十分ではないと指摘しました。

これを受けて9日に山東参議院議長も出席して参議院の各会派の懇談会が開かれ、自民党は各会派の代表者による「参議院改革協議会」を設置して、選挙制度などについて議論することを提案しました。

そして、3年前に格差是正を図るために公職選挙法を改正した際、与野党が激しく対立した経緯を踏まえ「実りある議論ができるよう謙虚に進めたい」と述べました。

これに対し、立憲民主党は「自民党の発言を信頼して協議に参画したい。行政監視機能の強化などの参議院改革も進めたい」と応じ、協議会を設置することで各会派が合意しました。

山東議長は記者会見で「1票の格差の是正は何らかの答えを出さなければならない。選挙制度だけではなく、さまざまなテーマについて、大いに議論を進めてもらいたい」と述べました。