聖火リレー きょうから和歌山県に 密集避けるよう呼びかけ

東京オリンピックの聖火リレーは9日から関西に入り、2日間の日程で和歌山県の各地をめぐります。県の実行委員会は、沿道の観客が密集するのを避けるため、インターネットのライブ中継で応援することも呼びかけています。

先月25日に福島県からスタートした東京オリンピックの聖火リレーは、全体の8番目となる和歌山県に引き継がれ、9日と10日の2日間で県内14の市と町をまわります。

9日は、午前9時に県南部の新宮市を出発し、世界遺産に登録されている那智勝浦町の熊野古道や本州最南端の串本町、そして関西有数の観光地、白浜町などを経て和歌山市を目指します。

9日は体操女子のロンドンオリンピック代表、田中理恵さんをはじめ、およそ90人のランナーが聖火をつなぐことになっています。

和歌山県では、新型コロナウイルスの新たな感染者が、7日、これまでで最も多い38人となり感染が拡大していて、県の実行委員会は、沿道の観客が密集するのを避けるためインターネットのライブ中継で応援することも呼びかけています。