プロ野球 ヤクルト奧川が先発 プロ2年目で初勝利

プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、ヤクルトは先発の19歳、奧川投手がプロ2年目で初勝利をあげました。

セ・リーグです。

▽ヤクルト対広島は、ヤクルトが11対7で勝ちました。

ヤクルトは、1点を追う3回に西浦選手と松本友選手の連続タイムリーで逆転し、4回以降も山崎選手の1号ソロなどでリードを広げました。

プロ2年目の先発、奥川投手は5回を5失点でプロ初勝利をあげました。

広島は1回に4点を先制しながら投手陣が崩れました。

▽阪神対巨人は、巨人が3対0で勝ちました。

巨人は1回に坂本選手の1号ソロホームランで先制し、4回は炭谷選手の犠牲フライ、9回には重信選手の1号ソロで得点を加えました。

先発の高橋投手は8回途中まで投げてヒット2本に抑え、無失点の好投で2勝目をあげました。

阪神の連勝は4で止まりました。

▽中日対DeNAは、DeNAが5対2で勝ちました。

DeNAは2対2と同点の9回、相手のエラーに加え、倉本選手と戸柱選手の連続タイムリーヒットで3点を勝ち越しました。

8回にリリーフで登板した山崎投手が、1回無失点で2年ぶりの勝利をあげました。

中日は6回に代打、福留選手のタイムリーツーベースで一度は追いつきましたが、9回に祖父江投手が打たれました。

パ・リーグです。
▽西武対楽天は、楽天が4対0で勝ちました。

楽天は2回に茂木選手の4号ソロで先制し、6回には辰己選手の4号ソロと茂木選手の2点タイムリーツーベースで追加点をあげました。

先発の瀧中投手は7回1安打無失点の好投で今シーズン初勝利をあげ、楽天は3連勝です。

西武は打線が2安打に抑えられ、3連敗となりました。

▽ロッテ対オリックスは、オリックスが5対1で勝ちました。

オリックスは1回、吉田正尚選手の内野ゴロで先制し、2回に杉本選手の1号ツーランなどでリードを広げました。

先発の山本投手は7回1失点の好投で2勝目。

抑えの平野佳寿投手が、日本球界復帰後初セーブをあげました。

ロッテは引き分けを挟んでの連勝が4で止まりました。

▽日本ハム対ソフトバンクは、ソフトバンクが4対2で勝ちました。

ソフトバンクは1対2の8回、デスパイネ選手の犠牲フライで追いつき、中村晃選手の2点タイムリーで勝ち越しました。

3人目の松本投手が今シーズン初勝利をあげ、ソフトバンクは3連勝です。

日本ハムは8回にリリーフした宮西投手が誤算で、引き分けを挟んで7連敗となりました。