皇位継承の課題 専門家などからヒアリング 政府の有識者会議

安定的な皇位継承の確保などの課題を議論する政府の有識者会議は、8日、皇室制度の専門家など5人からヒアリングを行いました。

このうち、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、皇位の継承資格について、「文化、文明にはそれぞれの特徴があり、大事にすべきだという観点から、男系男子であるべきだ」と述べ、今の継承資格を維持すべきだという考えを示しました。

また、旧宮家の皇籍の復帰について、「旧宮家の方々は、皇室の皆様方と深く交流されており、皇籍復帰が養子縁組によって可能になるのがよいのではないか」と述べました。

一方、慶應義塾大学の笠原英彦教授は「男系女子まで継承資格を拡大すべきだが、財政的な負担が重すぎてもいけないので、内親王まで認めるのが適当ではないか」と述べました。

また、「女系天皇については今回は踏み込むべきではなく、今後の検討対象とすべきではないか」と述べました。

有識者会議は、次回は今月21日に開かれ、専門家などからのヒアリングを続けることにしています。