サッカーJ1横浜FC 下平監督を解任 今季8試合1勝もできず最下位

サッカーJ1の横浜FCは、今シーズン、8試合を終えて最下位の20位と成績が低迷していることから、下平隆宏監督を解任しました。

下平監督は、おととし5月に監督に就任し、1年目のシーズンはJ2で2位と、チームを13年ぶりのJ1昇格に導きました。

3年目となった今シーズンは、J1でここまで8試合で1勝もあげることができず、7敗1引き分けでリーグ最下位の20位と低迷していて、クラブは8日午後、下平監督を解任したと発表しました。

下平監督は「今シーズンは思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じている。こういう形でクラブを離れることは非常に心残りだが、これからもクラブが発展していくことを、せつに願っています」とコメントしています。

今後は、クラブのユースチームで監督を務めていた早川知伸氏がトップチームの監督を務めるということです。