全日本空手道連盟 強化責任者が正式辞意表明 竹刀で選手にけが

空手の組手で東京オリンピックの代表内定を確実にしている植草歩選手が、練習中に代表の強化責任者が使った竹刀でけがをした問題で、この強化責任者が辞任する意向を正式に表明しました。

全空連=全日本空手道連盟は9日の理事会で処分を決めることにしています。

空手の女子組手、61キロを超えるクラスで東京オリンピックの代表内定を確実にしている植草選手はことし1月、日本代表の強化責任者の香川政夫選手強化委員長が練習中に使った竹刀で左目を打撲するけがをしました。

全空連は双方に聞き取りを行い「竹刀を用いた練習は大変危険で全く認められない」として、9日に行われる理事会で香川選手強化委員長の処分を決めることにしています。
香川氏は7日、この問題への対応を文書で発表し、選手強化委員長と全空連の理事を辞任する意向を明らかにしたうえで「空手界全体に多大な迷惑をかけ混乱を招いた責任を痛感し、みずから早急に進退を明らかにすべきだと判断しました」とコメントしました。

植草選手に対しては「配慮を欠いたものがあったことに対して、指導者として細部への気遣いが及ばなかったことは申し訳なく、大変悔やまれるばかりです」と謝罪したうえで「オリンピック本番で存分に実力を発揮して、念願のメダルを手にすることは今でも私の望みです」と心境をつづりました。