大リーグ 大谷翔平 今季初の2安打

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手は、6日、アストロズ戦に2番・指名打者で先発出場し、ヒット2本を打って今シーズン初めて複数安打をマークしました。

大谷選手は、4日の試合で大リーグ4年目で初めて投打の同時出場を果たしたあと5日の試合にも代打で出場するなど今シーズン開幕から5試合すべてに出場しています。

6日は、本拠地のカリフォルニア州アナハイムで行われたアストロズ戦に2番・指名打者として2試合ぶりに先発出場しました。

1回の第1打席は、6球目の変化球を打って一塁線に転がる鈍い当たりでしたが、持ち味の俊足が生きて内野安打となりました。

このあと大谷選手は二塁へ今シーズン2つ目の盗塁を決めてチャンスを広げ、続くバッターのツーランホームランで先制のホームを踏みました。

3回の第2打席は、変化球にタイミングを外されてライトフライとなり、5回の第3打席も低めの変化球をとらえきれずピッチャーゴロでした。

大谷選手は、2対2の同点で迎えた8回の第4打席で初球の変化球にうまく合わせて左中間に運びこの試合2本目のヒットでチャンスを作りましたが、後続が打ち取られて得点にはつながりませんでした。

大谷選手は、4打数2安打、盗塁が1つで今シーズン初めて複数安打をマークしました。

試合は、エンジェルスが9回、2点を勝ち越されて2対4で敗れ、連勝は「3」で止まりました。