菅首相 福島第一原発の処理水巡り全漁連会長と会談へ

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法をめぐり、菅総理大臣は7日、全国漁業協同組合連合会の会長と会談する見通しです。会談結果を踏まえ、政府は処分方法を決定する方向で検討することにしています。

トリチウムなどを含む水の処分方法をめぐっては、去年2月、国の小委員会が、基準以下の濃度に薄めて海か大気中に放出する方法が現実的だとする報告書をまとめ、政府が処分方法を検討していますが、地元や周辺国からは懸念の声が上がっています。

これに関連して、菅総理大臣は昨夜、BS日テレの「深層NEWS」で、7日にも全国漁業協同組合連合会の岸会長と会談する方向で調整していると明らかにしました。

その上で「漁業関係者と意見交換することが極めて大事だと思っている。それと同時に、いつまでも放置しておく訳にはいかないということも事実であり、意見交換をしたい」と述べました。

菅総理大臣と岸会長との会談では、トリチウムなどを含む水の処分方法や風評被害対策などをめぐって意見が交わされる見通しで、政府は、会談結果を踏まえ、処分方法を決定する方向で検討することにしています。