菅首相 自民党総裁選前の解散もありうるとの考え示す

衆議院の解散・総選挙について、菅総理大臣は6日夜、BS日テレの「深層NEWS」で、野党が内閣不信任決議案を提出した場合、解散の大義になり得るとしたうえで、ことし9月末に任期を迎える自民党総裁の選挙前の解散もありうるという考えを示しました。

この中で、菅総理大臣は、衆議院の解散・総選挙について「新型コロナウイルスの感染拡大防止が最優先と申し上げてきた。そこは大事なことだと思う。これからワクチン接種が極めて重要なことになってくると思う」と述べました。

そして「内閣不信任決議案の提出は大義になるという考えか」という質問に対し「そこは当然なると思う」と述べ、野党が内閣不信任決議案を提出した場合、解散の大義になり得るという認識を示しました。

そのうえで、菅総理大臣は「自民党の総裁選挙の前に解散することも当然ありうるだろうと思う」と述べ、ことし9月末に任期を迎える自民党総裁の選挙前の解散もありうるという考えを示しました。

自民 下村政調会長 「不信任決議案は解散の大義になる」

自民党の下村政務調査会長は、記者会見で「菅総理大臣は、常在戦場という認識の中で発言したのだと思う。野党側は、内閣不信任決議案を出すのであれば、解散の大義になるという前提で出すべきだ」と述べました。

維新 馬場幹事長 「不信任決議案 解散の可能性は当然」

日本維新の会の馬場幹事長は、記者会見で「制度を踏まえれば、野党が内閣不信任決議案を提出すれば衆議院が解散される可能性があるのは当然で、菅総理大臣は、常識的なことを述べたと思う。先般からの二階幹事長の発言も含め、まるで大人が赤子の手をひねっているような感想を持っている」と述べました。

共産 穀田国対委員長 「今はその時期ではない」

共産党の穀田国会対策委員長は、記者会見で「新型コロナ対策一つをとっても、無為無策で後手後手の菅内閣は信任に値しない。一方で、内閣不信任決議案を提出すれば解散・総選挙を求めることになり、共産党としては、今はその時期ではないと言ってきている。国民の現状を踏まえて政治のなすべきことに対する見識が問われている」と述べました。