“75歳以上の医療費負担 2割に” 改正案 8日に審議入りへ

75歳以上の医療費の窓口負担を、年収200万円以上の人を対象に現在の原則1割から2割に引き上げるなどとした法律の改正案は、8日の衆議院本会議で、菅総理大臣も出席して趣旨説明と質疑を行うことになりました。

いわゆる団塊の世代が75歳以上になるのを控え、医療費のさらなる増加が予想されるのを踏まえ、政府は、原則1割となっている75歳以上の医療費の窓口負担を、年収200万円以上の人は2割に引き上げるなどとした法律の改正案を、国会に提出しています。

これについて衆議院議院運営委員会は、6日の理事会で、8日に衆議院本会議を開き、菅総理大臣も出席して趣旨説明と質疑を行うことで与野党が合意しました。

政府・与党は、この法案を、すべての世代が公平に支え合う全世代型の社会保障制度を実現するための重要法案と位置づけていて、今の国会での成立を目指すことにしています。