日経平均株価 3万円下回る 午前の終値

6日の東京株式市場は多くの銘柄に売り注文が出て、日経平均株価は午前の終値で3万円を下回っています。

▽日経平均株価、午前の終値は5日の終値より226円15銭安い、2万9863円10銭。

▽東証株価指数=トピックスは13.70下がって、1969.84でした。

▽午前の出来高は5億1182万株でした。

市場関係者は「日経平均株価がきのう節目の3万円を上回ったことで、当面の利益を確定させる売り注文が出ている。大阪などに『まん延防止等重点措置』が適用されたことも投資家の心理に影響している」と話しています。