聖火リレー愛知2日目 豊橋出身 女優 松井玲奈さんら駆け抜ける

東京オリンピックの聖火リレーは愛知県で2日目となる6日、県東部の豊橋市をスタートし県内をめぐっています。

最初のランナーは地元・豊橋市出身でオリンピックのフィギュアスケート2大会連続入賞の鈴木明子さんが務め、沿道の人たちに手を振りながら笑顔で走りました。

走り終えた鈴木さんは「豊橋の温かさが伝わってきてオリンピックがこんなにたくさんの人に支えられて成り立っていると改めて感じました」と話していました。

豊橋市内で最後のランナーは「SKE48」の元メンバーでNHKの連続テレビ小説「エール」にも出演した豊橋市出身の女優、松井玲奈さんが務め、吹奏楽の音楽が演奏される中、市内の陸上競技場でゴールしました。

このあと聖火は半田市に入り、半田運河では祭りで使われる「ちんとろ舟」にランナーが乗り運河沿いの人たちに手を振っていました。

各地の沿道には多くの人が詰めかけ、愛知県実行委員会が新型コロナウイルスの感染対策としてマスクの着用や密集を避けるよう繰り返し呼びかけていました。

夕方には岡崎市に入り、地元出身のタレント、天野ひろゆきさんが徳川家康の生まれた「岡崎城」を駆け抜けました。

聖火リレーは6日夜、自動車産業をリードする豊田市に入り、ラグビーワールドカップの会場にもなった豊田スタジアムを目指します。