岸防衛相 F35B配備 宮崎の新田原基地が有力候補地

最新鋭のステルス戦闘機「F35B」の配備について、岸防衛大臣は、現時点で方針は決定していないものの、宮崎県にある航空自衛隊新田原基地が有力な候補地だという考えを示しました。

アメリカ製の最新鋭のステルス戦闘機「F35B」は、短い滑走路で離陸し、垂直に着陸できる戦闘機で、防衛省は、事実上「空母化」する海上自衛隊の「いずも」型護衛艦などで運用することにしています。
岸防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し「F35B」の配備先について「戦闘機部隊を配備している既存の航空自衛隊の基地を中心に検討をしており、宮崎県の新田原基地も有力な候補地であることは間違いない」と述べました。

一方で岸大臣は「現時点で決定しているものではない」と述べ、引き続き、今後の機体の導入状況などを踏まえつつ、配備先の検討を進める考えを示しました。