定年引き上げ 法案提出へ “検察官の延長規定は削除”

去年の通常国会で廃案となった検察官も含めた国家公務員の定年を65歳に引き上げる法案について、政府は、内閣が認めれば検察官の定年を最長で3年まで延長できるとした規定を削除した上で、今の国会に提出し成立を目指す方針です。

検察官も含めた国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案は、去年の通常国会で審議が行われましたが、野党側が、内閣が認めれば検察官の定年を最長で3年まで延長できるとした特例規定の撤回を求めるなどしたため、廃案となりました。

この法案の扱いについて、菅総理大臣は、5日の参議院決算委員会で「豊富な知識や経験を持つ高齢期の職員に最大限活躍してもらい、複雑高度化する行政課題に的確に対応していくためには定年の引き上げが必要だ」と述べ、今の国会に提出する考えを明らかにしました。

政府は、内閣が認めれば検察官の定年を延長できるとした規定を削除するとともに、国家公務員の定年を引き上げる時期を当初から1年遅らせて令和5年度からとした上で、来週にも法案を閣議決定し、今の国会での成立を目指す方針です。