ヨルダン 前皇太子が国家の不安定化を企てか

中東のヨルダンで、アブドラ国王の異母兄弟の前皇太子が外国勢力と連携して国家の不安定化を企てたとして、当局の捜査を受けていることが明らかになりました。安定した王制で知られるヨルダンで政情不安が伝えられるのは異例のことです。

ヨルダンのサファディ外相は4日、首都アンマンで記者会見し、アブドラ国王の異母兄弟で前皇太子のハムザ王子が外国勢力と連携して国家の不安定化を企てたとして、ハムザ王子に近い王族など十数人を逮捕し、捜査していることを明らかにしました。

サファディ外相はハムザ王子の企ての内容や外国勢力の詳細については触れず、「国の治安と安定を脅かす行動があった」としています。

ハムザ王子はアブドラ国王が即位した1999年に皇太子に任命されましたが、2004年に解任され、国王との間に距離があったとされていて、3日イギリスの公共放送BBCを通じて企てを否定するとともに「自宅に軟禁されている」と主張しました。

親米国家のヨルダンは安定した王制で知られ、政情不安が伝えられるのは異例のことです。

今回の事態を受けアメリカや中東諸国はアブドラ国王を支持する声明を相次いで出していて、ヨルダンの不安定化につながらないよう注視しているものとみられます。