福岡市でワクチンの集団接種訓練 医師や看護師らが手順確認

高齢者への新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まるのを前に、福岡市は医師や看護師などが接種の手順を確認する訓練を行いました

福岡市内で行われた訓練は、来月から本格的に始まる高齢者への集団接種を想定して進められ、受付のあと、医師が診察を行い看護師がワクチンを接種する一連の流れを確認しました。

また、接種後に「アナフィラキシー」と呼ばれる重いアレルギー症状が出たことを想定し、医師が発症者に処置を行って病院に搬送する手順も確認しました。

市によりますと、ワクチンを接種したあと、経過を観察するための待機場所に多くの人がとどまるなど課題も見つかったことから、今後対応を検討するということです。

福岡市では、今月から地域の福祉活動に従事する高齢者に接種を始め、来月から広く接種券を配布して集団接種を本格的に始めることにしています。

福岡市の新型コロナウイルスワクチン接種担当の森山浩一課長は「課題も見つかったが、さまざまな事態に医師や看護師など参加した皆さんが適切に対応している様子も確認できた。今後は、安定的にワクチンが確保できるよう国と調整しながら集団接種を進めていきたい」と話していました。