競泳 池江璃花子が東京五輪代表に内定 メドレーリレーで

競泳の日本選手権、女子100メートルバタフライの決勝で白血病から競技に復帰した池江璃花子選手が57秒77で優勝し、東京オリンピックのメドレーリレーの派遣標準記録を突破し代表に内定しました。

「ただいま」

女子100メートルバタフライの決勝、池江選手は「ただいま」とつぶやいて、スタート台へ向かいました。

復帰直後から課題としてきたスタートでやや出遅れ、序盤は5レーンの相馬あい選手に先行を許し、頭1つ分の差を追いかける展開となりました。それでも50メートルのターンでは0秒03差に迫り、横並びでの接戦で迎えた最後の25メートル、池江選手が一気に抜け出してリードを奪い、トップでフィニッシュしました。

タイムは57秒77。電光掲示板を振り返り、3年ぶりの優勝、そして東京オリンピックのメドレーリレーの派遣標準記録を突破したタイムを確認した池江選手は、スタート台につかまったまま涙を流し、しばらくプールから上がることができませんでした。

プールサイドで行われた優勝インタビューでは「本当にこの種目は優勝をねらっていなかったので、何番でもここにいることに幸せを感じようと思った。57秒が出るとは思っていなかった。つらくてもしんどくても、努力は必ず報われると感じた」と泣きながら答えた20歳。自身も驚く会心のレースで、3年ぶりの日本一の座をつかみました。

また「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていました。リレーでも入れると思っていなかったのでうれしいです」、「残りの種目もあるので気を抜かずに頑張りたい」と、次を見据えていました。

おととし白血病と診断 去年8月にレース復帰

池江選手は東京都出身の20歳。バタフライと自由形が専門で、水の抵抗が少ない美しい水中姿勢と、肩周りの関節の柔らかさを生かした大きく伸びやかな泳ぎが持ち味です。

16歳で出場した2016年のリオデジャネイロオリンピックでは女子100メートルバタフライで5位に入りました。25メートルプールの短水路の記録と合わせて個人種目で「11」の日本記録を持っています。

おととし2月に白血病と診断されて闘病のため競技を離れましたが、およそ10か月の入院生活などをへて、去年8月にレースに復帰しました。
復帰後は日本選手権までの間に5つの大会に出場し、ことし2月の大会では50メートルバタフライでおととしの世界選手権の決勝進出に相当する好タイムをマークするなど、着実に力を取り戻していることを印象づけました。

今大会に向けては、闘病の影響で一時15キロ以上落ちた体重や筋力が戻りきっていないことで、レース序盤で出遅れてしまう課題に向き合い、体を大きくするための“食トレ”や、スタート練習に力を入れてきました。

自身の力の戻り具合を踏まえて、2024年のパリオリンピック出場を目標に掲げ、今大会は「すべての種目での決勝進出」を目指して、バタフライと自由形の4種目にエントリーしていました。

池江と100mバタフライ

女子100メートルバタフライは池江選手が最も得意としてきた種目で、白血病と診断される前の2018年にマークし、現在でも日本記録の56秒08は、その年の世界1位のタイムでした。

去年8月にレース復帰直後は体への負担などを考慮して出場種目を自由形に絞っていましたが、5大会目となったことし2月の大会で初めて100メートルバタフライのレースに出場し、59秒44のタイムで日本選手権の出場に必要な参加標準記録をクリアしていました。

先月、新潟県長岡市で行った最後の強化合宿では、1回の練習の中でそれまではほとんど入れていなかったというバタフライの割合を増やして準備を進め「バタフライの練習を徐々に入れているし『2月の大会よりは早いでしょう』という気持ち」と話して、自信をのぞかせていました。

3年ぶりの出場となった日本選手権で、最初のレースとなった3日の100メートルバタフライ予選で、58秒68のタイムで組トップとなり、全体2位で準決勝に進みました。

準決勝では、課題としてきたレース序盤でも出遅れることなく、前半から力強い泳ぎをみせて予選からタイムを0秒20縮めて58秒48をマークし、全体3位で決勝進出を決めていました。

平井HC

競泳の日本代表を率いる平井伯昌ヘッドコーチは池江選手のレースについて「年がいもなく感動してしまった」と切り出し、「勝つかもしれないとは思っていたが、タイムがあそこまで行くとは正直なかなか思えなかったので、疲労もある中でメンタルもふくめてああいうレースができるまでよく持ってきたと思って感心させられた」と称賛していました。

そのうえで泳ぎのポイントについては「予選や準決勝と比べてスタートから思い切り行っていた。特に驚いたのは最後の3かきで、準決勝では手があがらないくらいになっていたが、決勝ではひとかきせずに伸びてうまいタッチで最後はカバーしていた。さすが『持っているな』と思った」と話していました。

かつての指導者“自慢の教え子”

池江選手を小学2年生から6年生まで5年間指導し、今も親交がある東京 江戸川区のスイミングスクールの清水桂さんは4日夜、電話でNHKの取材に応じました。

清水さんは池江選手の優勝について「感動したし、グッとくるものがあった。2月の試合を見たときは、体力的にもまだ100メートルは厳しいのではないかと思っていたが、きょうの試合は泳ぎが違っていた。ストロークも大きく、体を大きく使った泳ぎでしっかりと前に進んでいた。まるで、昔の璃花子の泳ぎを見ているようだった」と話していました。

清水さんは2日、試合会場で池江選手と話したということで「調子を尋ねたら“バキバキですよ”と話していたので、調子のよさが伝わってきた。体力面とかで心配していたが、全く関係ない泳ぎだった。ここ一発の場面でやってくれた。私の自慢の教え子です」と話しました。

池江選手が試合後に涙を流したことについて「病気になってここまで非常につらい経験やつらい思いをしてきて、ふだんは弱音を吐かない強い璃花子が闘病中は弱音を吐いていた。いろんな思いが詰まった涙だったのだと思う。その姿を見て、私も泣いてしまいました」と言葉を詰まらせながら話しました。

そして「オリンピックと言われているが、まずは自分の体をしっかり見ながら日本選手権でほかの種目の王座も奪還できるように頑張ってほしい。その先に、オリンピックを含めた何かが待っていると思う。去年、会ったときに“病気になった後のほうが私は強くなっている”と話していたが、彼女の泳ぎや活躍が、病気に苦しんでいる人をはじめ多くの人たちに勇気を与えていると思う。璃花子らしい泳ぎでこれからも多くの人たちを笑顔にしてほしい」と今後に期待していました。

IOC バッハ会長も祝福

池江選手が東京オリンピックのメドレーリレーの代表に内定したことについて、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は「オリンピック選手は絶対にあきらめない。池江選手おめでとう。白血病と診断されてから闘病生活を送り、それからたった2年で東京オリンピックの日本代表に内定しました。東京であなたに会うことが待ちきれません」というコメントを出しました。