聖火リレー 岐阜県2日目 俳優 山本耕史さんら関ケ原町など回る

東京オリンピックの聖火リレーは4日、岐阜県での2日目を迎え、雨が降る中、天下分け目の関ケ原の戦いの舞台となった関ケ原町などをランナーが駆け抜けました。

岐阜県で2日目となる4日の聖火リレーは、温泉地で知られる下呂市を午前8時前にスタートし、6つの市と町を回っています。

このうち、関ケ原の戦いの舞台となった関ケ原町では、雨が降り続く中でのリレーとなり、去年10月にオープンした「岐阜関ケ原古戦場記念館」を午後2時すぎに出発しました。

ランナーたちは、ぬれた路面に気をつけて聖火を運び、傘をさした沿道の人たちからは「頑張れ」という声もかかっていました。

大河ドラマ「真田丸」で西軍を率いる石田三成を演じた俳優の山本耕史さんも参加し、三成が陣を構えたと伝わる笹尾山をのぼりました。

聖火リレーは、新型コロナウイルスの感染対策が徹底して行われ、岐阜県の実行委員会などは過度な密集が発生した場合は中断もありうるとしたうえで、インターネットによるライブ中継で応援するよう呼びかけています。

岐阜県での聖火リレーは4日夜ですべての日程を終了し、最後となる岐阜市では、ロープウエーを使って山頂の岐阜城に運ばれたあと、市街地を回ることになっています。