競泳日本選手権2日目 池江が女子100Mバタフライ決勝に登場

東京オリンピックの切符をかけた1発勝負の代表選考会、競泳の日本選手権は4日、大会2日目の競技が行われます。女子100メートルバタフライの決勝では、日本選手権に3年ぶりの出場となる池江璃花子選手がどのような泳ぎを見せるか注目です。

東京 江東区の東京アクアティクスセンターで開かれている競泳の日本選手権は、決勝で派遣標準記録を突破し、2位以内に入れば東京オリンピック代表に内定します。大会2日目の4日は男女合わせて3種目の決勝が行われ、このうち女子100メートルバタフライには日本記録保持者の池江選手が出場します。

池江選手は白血病から競技に復帰した直後は、バタフライについて、体への負担が大きいなどとして出場を見合わせていましたが、ことし2月の大会で初めてレースで泳ぎました。3日の準決勝では前半から力強い泳ぎを見せて、その組のトップでフィニッシュし、58秒48の全体3位で決勝に進みました。

開幕前日の取材では、「タイムがどう出るか未知の世界だが、とにかく全力で泳いで勝負を楽しみたい」と話していた池江選手の決勝の泳ぎに注目です。

また男子100メートル平泳ぎは、3日の準決勝で伸び盛りの20歳、佐藤翔馬選手が自己ベストを0秒37縮め、59秒18の学生新記録を出して、全体トップで決勝に進んでいます。

NHKではオリンピック代表が内定する決勝のレースを中継でお伝えします。