東京パラ 大会直前に10競技でクラス分け実施へ IPCが特例で

この夏の東京パラリンピックを目指す選手が新型コロナウイルスの影響で出場の条件となる障害のクラス分けを受けられない状態が続いていることから、IPC=国際パラリンピック委員会は特例として、陸上や競泳など10の競技で大会直前に東京でクラス分けを実施すると発表しました。

パラリンピックの22競技では、選手が公平に競い合うために大会前に障害の種類や程度を判定するクラス分けを受けることが定められていますが、新型コロナウイルスによる国際大会の中止でクラス分けを受けられず出場の条件を満たせない選手が各国で相次いでいます。

こうした状況を受けて、IPCは陸上や競泳、ボッチャなどクラス分けの機会が限られる10の競技について特例として大会直前に東京でクラス分けを実施すると発表しました。

ただ、例外的な措置で東京で受けられる人数は限られるとして、国際競技団体などに対してできるだけ事前にクラス分けを済ませるよう求めています。

IPCのパーソンズ会長は、「安全で安心なクラス分けを提供するために活動してきたが大会前に受けられない現実がある。今回の決定はアスリートや国際競技団体が直面しているプレッシャーを軽減するものだ」としています。

陸上 伊藤智也選手「ようやく未来が見える」

東京パラリンピックの代表に内定しながら、基礎疾患があるためクラス分けを受けられていない陸上の伊藤智也選手は、IPCの決定について、「この救済措置でアスリートとしてようやく未来が見えるようになった。感謝の念を持って東京パラリンピックに向かい、そこで精いっぱいのものを表現したい」と話していました。