【詳細】東京パラリンピック聖火 都道府県別 採火のみどころ

東京パラリンピックに先立って、8月に全国で行われるパラリンピック聖火の採火方法などが31日発表されました。
それによりますと、全国の880か所以上で地域の特色を生かした方法で火が採られ、競技が実施される4都県の35の自治体で聖火リレーが行われたあと、東京で火を集めて聖火台にともされます。
各都道府県の詳細です。

※3月29日時点での情報です。
※「採火方法など」は各自治体の紹介文を参考にしています。

北海道

【見どころ】
聖火は、道内24市町村で採火した火を北海道庁赤れんが庁舎前庭で1つの火とし、パラリンピック開催都市の東京へ向け出立する。採火は、アイヌ伝統儀式による採火や地域の祭りを活用した採火等、独自の方法で実施。
【採火】
岩見沢市、滝川市、深川市、札幌市、江別市、北広島市、石狩市、苫小牧市、白老町、安平町、旭川市、名寄市、北見市、網走市、帯広市、釧路市、登別市、恵庭市、当別町、新篠津村、江差町、京極町、厚真町、むかわ町。
北広島市では、8月12日、市にゆかりのある『平和の灯』から採火人3名により、分火。3本の火(希望の火・交流の火・成長の火)を合わせ、仮設聖火台へ共生社会を目指す「きたひろの火」として採火する。
【道内集火・出立】
日程:8月16日
会場:札幌市 北海道庁赤れんが庁舎前庭
【聖火ビジット】
複数の都市で行政庁舎や商業施設等で聖火の訪問展示を実施。

青森県

【見どころ】
聖火は、県内7箇所で各市町が独自の方法により採火。2021年の世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」では国指定特別史跡「三内丸山遺跡」(青森市)で県内集火を行う。県内各地を聖火が訪問(聖火ビジット)した後、最後は車いすラグビーカナダ代表チームの事前キャンプ地であり、先導的共生社会ホストタウンとして、さまざまな事業に官民を挙げて積極的に取り組んでいる三沢市の「青森県立三沢航空科学館/大空ひろば」で出立を行う。
【採火】
弘前市、八戸市、十和田市、三沢市、平内町、中泊町、野辺地町。
十和田市では、8月15日、「火の神」をまつっている十和田神社の灯明を種火として、あらかじめ点火しておいたたき火台か ら、地元出身のパラリンピアンがランタンに火をともす。
【県内集火】
日程:8月15日
会場:青森市 特別史跡 三内丸山遺跡
【出立】
日程:8月16日
会場:三沢市 青森県立三沢航空科学館/大空ひろば
【聖火ビジット】
障害者福祉施設や学校等を中心に、県内11市町(青森市、弘前市、八戸市、黒石市、十和田市、三沢市、平内町、鶴田町、中泊町、野辺地町、南部町)を聖火が訪れる。

岩手県

【見どころ】
聖火は、県内全33市町村で採火される。世界一の太鼓パレードで有名な盛岡市にあるショッピングモール屋外駐車場で、県内集火と出立を行う。東日本大震災津波で大きな被害を受けた陸前高田市では、常設のガス灯モニュメント「3.11希望の灯り」から採火するほか、日本三大鍾乳洞の1つ「龍泉洞」がある岩泉町では、地底湖の水を用いて太陽光を集光し採火する。
【採火】
盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、花巻市、北上市、遠野市、一関市、奥州市、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、宮古市、大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、久慈市、二戸市、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町。
陸前高田市では、8月12日 に「3.11希望の灯り」から採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:盛岡市 ショッピングモール屋外駐車場
【聖火ビジット】
3市町村(奥州市、野田村、一戸町)で、行政庁舎や公民館等で聖火の訪問展示を実施。

宮城県

【見どころ】
聖火は、県内の9市町で採火される。最後は仙台市の中心地にある勾当台公園野外音楽堂で集火・出立式が行われる。採火は、角田市のシンボルであるスペースタワー・コスモハウスや、史跡「里浜貝塚」の傍らにあり、縄文の歴史について学べる「奥松島縄文村資料館」など、県内の観光地等さまざまな場所で実施される。集火・出立式では、県内各地で子どもたちや障がい者も含めた様々な方が製造したバイオガスを燃料として、各地で採火された火を、1つの「宮城県パラリンピック聖火」に集火し、開催都市東京に出立する。
【採火】
仙台市、石巻市、気仙沼市、角田市、岩沼市、東松島市、大崎市、亘理町、加美町。
石巻市では8月15日、石巻南浜津波復興祈念公園内の「がんばろう!石巻」看板前に設置されている震災当時の被災地域から集めた木片によりともした火を、復興を象徴する火として種火とし、炬火(きょか)台へ点火後、点火した火から採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:仙台市 勾当台公園野外音楽堂
【聖火ビジット】
実施の予定なし

秋田県

【見どころ】
聖火は、全市町村25か所で採火される。採火の見どころは、県内に数多くある縄文遺跡に関連した縄文時代の火起こしによる採火、地域の行事やいにしえからの伝統行事からの採火など。
【採火】
秋田市、能代市、横手市、大館市、男鹿市、湯沢市、鹿角市、由利本荘市、潟上市、大仙市、北秋田市、にかほ市、仙北市、小坂町、上小阿仁村、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、八郎潟町、井川町、大潟村、美郷町、羽後町、東成瀬村。
大潟村、8月15日、太陽光を集め可燃物に発火させる収れん発火方式にて採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:秋田市 ショッピングセンター
【聖火ビジット】
一部の市町村で、県内集火前の聖火を市庁舎等に展示。

山形県

【見どころ】
聖火は、県内全35市町村(36か所)にて共性社会への思いを込め、それぞれの伝統や文化、産業などをPRできるような独自の手法で採火される。山形県総合運動公園で県内集火・集火式および出立式が行われる。見どころは、山形県内35市町村の火が「4地域の火」に、そして1つに集火された山形県の火「東京2020パラリンピック聖火(山形県)」から代表者が聖火皿に点火し、「山形未来の火」(仮称)宣言を行うところ。
【採火】
山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市、山辺町、中山町、河北町、西川町、朝日町、大江町、大石田町、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町、庄内町、三川町、遊佐町。
山形市の宝珠山立石寺 根本中堂では8月12日、天台宗の本山 比叡山延暦寺から分灯され、山寺立石寺開山以来その灯が途絶えたことがないと言い伝えられる「不滅の法灯」から採火。また同じ日、山形市の苅田嶺神社 蔵王権現堂では、山岳信仰である修験道の本尊「蔵王権現様」をまつる蔵王権現堂の神殿にて神事を執り行い、祈とうの火に捧げられたロウソクの火から採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:天童市 山形県総合運動公園
【聖火ビジット】
実施なし

福島県

【採火】
実施自治体、日程、会場、採火の方法など:調整中
【県内集火・出立】
日程:調整中
会場:郡山市
【聖火ビジット】
調整中

茨城県

【見どころ】
聖火は、水戸市にある茨城県庁で採火、出立が行われる。おととし台風により開催することがかなわなかった障害者のスポーツ大会で掲げられるはずだった炬火を、事前に保管しておいた種火から復活させ採火する。大会に出場するはずだったすべてのアスリートたちや県内44市町村で炬火の採火に参加した多くの県民の大会にかける思い、希望を炎に託し、茨城県の聖火として出立する。
【採火】
日程:8月16日
会場:水戸市 茨城県庁2階県民広場
採火の方法など:事前に保存しておいた大規模障がい者スポーツ大会の炬火を採取。県ツールを経由し、点火棒でランタンへ採火する。
【出立】
日程:8月16日
会場:水戸市 茨城県庁2階県民広場
【聖火ビジット】
実施なし

栃木県

【採火】
宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町
【県内集火・出立】
日程:調整中
会場:宇都宮市(調整中)
【聖火ビジット】調整中

群馬県

【見どころ】
聖火は、県内5地域(中毛、東毛、西毛、沼田、吾妻)、10校の特別支援学校で採火をし、群馬県の障害者スポーツの拠点であるふれあいスポーツプラザで県内集火と出立を行う。群馬県は、古墳時代を中心に、現在の関東地方で栄えた「東国文化」のふるさとと言われていることから、古代の火起こし技術を用いて、火を起こし採火。各地域の特別支援学校の児童生徒が中心となって火を起こす。
【採火】
富岡市、沼田市、東吾妻町、藤岡市、館林市、渋川市、みどり市、前橋市
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:伊勢崎市 県立ふれあいスポーツプラザ
【聖火ビジット】
実施なし

神奈川県

【見どころ】
聖火は、「ともに生きる社会かながわ」の実現に向けた県民総ぐるみの思いをパラリンピック聖火に込めるため、全市町村が地域の特色を生かした採火式を行う。横浜赤レンガ倉庫が会場となる「集火・出立式」では、「ともに生きる社会かながわ憲章」を参加者が声をあわせて朗読する中で、県内全市町村で採火された火を大きな1つの火として集め、「ともに生きる社会かながわの火」として東京に送り出す。
【採火】
横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、葉山町、寒川町、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町、愛川町、清川村。
8月15日 、相模原市の 津久井やまゆり園では、やまゆり園関係者や市民等が共にささえあい生きる社会の実現を願いながら相模原市の火を作る。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:横浜市 横浜赤レンガ倉庫
【聖火ビジット】
調整中

新潟県

【見どころ】
聖火は、県内全30市町村で採火し、障害のある方の自立と社会参加を目指す活動拠点施設である新潟市の「新潟ふれ愛プラザ」で県内集火及び開催都市東京への出立を行う。新潟県では多くの火焔型土器が出土しており、縄文式の火起こしを行う市町村があるほか、障害者施設での採火、地域の祭りや伝統芸能での炎、伝統工芸の火からの採火など、各市町村が独自かつ多彩な方法で火を起こす。
【採火】
新潟市、長岡市、三条市、柏崎市、新発田市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、村上市、燕市、糸魚川市、妙高市、五泉市、上越市、阿賀野市、佐渡市、魚沼市、南魚沼市、胎内市、聖籠町、弥彦村、田上町、阿賀町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村、関川村、粟島浦村。
8月12日 、上越市の 日本スキー発祥記念館では、「日本スキー発祥の火」をともし、市内各中学校の代表が14個のランタンに採火。その後、市内で展示する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:新潟市 新潟ふれ愛プラザ
【聖火ビジット】
新潟市など10市町では聖火ビジットを実施。市役所や体育施設、文化施設など、多くの住民が訪れる施設で採火した聖火の展示を行い、東京パラリンピックの更なる機運醸成を図る。

富山県

【見どころ】
聖火は、“社会の中で誰かの希望や支えとなっている多様な光(人)が集まり、出会うことで、共性社会を照らす力としよう”というパラリンピック聖火リレーのコンセプトを踏まえ、県内全15市町村がそれぞれの独自の手法にて採火する。そして富山市の富岩運河環水公園横親水広場にて1つの火となり、同会場で、その火を東京へと送り出す。
【採火】
富山市、高岡市、射水市、魚津市、滑川市、氷見市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、上市町、舟橋村、立山町、入善町、朝日町。
8月14日 、高岡市の雲龍山勝興寺では万葉衣装を身にまとい、新しい時代にふさわしい「多様さを認め、共生社会を照らす光(火)」 としての聖火を、古式ゆかしい伝統的な火起こし法にて採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:富山市 富岩運河環水公園横 親水広場
【聖火ビジット】
県内の障がい者施設を中心とした複数箇所に市町村独自の手法にて採火された火が訪れる。

石川県

【見どころ】
聖火は、県内の特別支援学校で採火後、金沢市の石川県庁前「県民広場」で県内集火を行い、同会場で出立を行われる。見どころは、共生社会の実現を目指すパラリンピックへの機運を高めるため、県内各地の特別支援学校において、まいぎり等で火起こしを実施すること。
【採火】
金沢市、小松市、野々市市、加賀市、七尾市、輪島市、珠洲市
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:金沢市 石川県庁前「県民広場」
【聖火ビジット】
実施なし

福井県

【見どころ】
聖火は、県内の全17市町で採火され、福井市の福井駅西口駅前広場「ハピテラス」で県内集火・出立が行われる。採火の見どころは、各地域での特色あるスポーツ大会や、伝統産業の催事、地域の祭りなどで火を起こすなど、子どもから大人、障害の有無にかかわらずあらゆる人が関わり、独自の採火方法を実施するところ。
【採火】
福井市、敦賀市、小浜市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、永平寺町、池田町、南越前町、越前町、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:福井市 福井市にぎわい交流施設 ハピテラス
【聖火ビジット】
実施なし

山梨県

【見どころ】
県内の5か所で採火された聖火が、県庁においていったん集火され、27全市町村に分火される。各市町村で展示された聖火は、再び県庁において集火され、東京に向けて出立する。世界遺産の富士山で起こした種火は、県の福祉の拠点である県福祉プラザで採火される。東京大会を契機に地域が一体となって盛り上げを図る道志村、山中湖村、小菅村、丹波山村では、それぞれ独自の方法で採火される。聖火ビジットは、県内すべての市町村で行われる。
【採火】
甲府市、道志村、山中湖村、小菅村、丹波山村。
8月12日 、甲府市の 山梨県福祉プラザでは、世界遺産富士山で種火を採り、カイロに保管した種火から炎を点火棒に移し、ランタンに格納する。
【県内集火】
日程:8月13日
会場:甲府市 山梨県防災新館 やまなしプラザ 県民ひろば
【出立】
日程:8月15日
会場:甲府市 山梨県庁噴水広場
【聖火ビジット】
県内27全市町村に分火された聖火は、公共施設や福祉関係施設、催事会場を訪れ展示される。

長野県

【見どころ】
聖火は、県内10圏域ごとに地域の風土や文化、生活に寄り添ったさまざまな方法により採火され、その火が県内各地を訪問する。聖火は1998年長野オリンピックの表彰式会場であった長野市のセントラルスクゥエアに集まり、1つの長野県の火となる。オリンピック・パラリンピックや2005年に知的障害のある人のための世界大会を開催した長野県から、障害の有無や年齢、性別などに関係なく誰にでも居場所と出番がある共生社会づくりを進めていく思いや、2028年開催予定の障がい者のスポーツ大会に向けた希望を込め、東京へ向けて出立する。
【採火】
長野市、松本市、上田市、富士見町、伊那市、佐久市、箕輪町、辰野町、白馬村、山ノ内町、飯田市、木曽町。
8月13日 、佐久市の 佐久市役所では、感謝と祈りをささげる祖霊信仰であるお盆の迎え火を、令和元年東日本台風災害から復興した地区の稲ワラを使用して『復興と支援に対する感謝の意を表す火』を起こし、それを火種として採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:長野市 セントラルスクゥエア
【聖火ビジット】
市町村役場や公園等や障がい者支援施設等で展示やイベント等を交えつつ、多くの人々が聖火に触れ、パラリンピックや共生社会への思いを込めた長野県の火を送り出せるよう、長野県内各地に聖火が訪れる。

岐阜県

【見どころ】
聖火は、県内の26か所で採火され、8月14日に岐阜駅北口の信長ゆめ広場で集火式を行い、岐阜県の火を形成する。翌日15日に「岐阜県の火」の聖火ビジットを行い、8月16日に集火式と同会場において、岐阜県の火を東京都へ送り出すための出立式を行う。採火の見どころは、採火市町村における伝統的な祭りや名産物等を活用しながら火を起こしたり、舞錐式等の古来の着火方法で採火するところなど。
【採火】
岐阜市、大垣市、高山市、可児市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、土岐市、各務原市、可児市、郡上市、下呂市、海津市、養老町、垂井町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、八百津町、御嵩町。
8月13日 、岐阜市の長良川うかいミュージアム交流体験広場では、鵜飼のかがり火から点火棒で採火。
【県内集火】
日程:8月14日
会場:岐阜市 岐阜駅北口 信長ゆめ広場
【出立】
日程:8月16日
会場:岐阜市 岐阜駅北口 信長ゆめ広場
【聖火ビジット】
8月15日に岐阜駅北口駅前広場をはじめ県有の福祉施設数箇所に岐阜県の火を展示。また一部の市町村では、採火した火を各市町村内の施設等で展示。

愛知県

【見どころ】
聖火は、県内の49市町村が独自の手法で採火。その火を名古屋市内で集火し、出立する。
【採火】
名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、東栄町。
8月13日、高浜市では、市内の鬼瓦製造会社の窯から採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:名古屋市(調整中)
【聖火ビジット】
実施なし

三重県

【見どころ】
聖火は、県内の全29市町で採火され、津市に位置する三重県総合文化センターで県内集火を行ったのちに、東京に向け出立する。採火の見どころは、国の重要無形民俗文化財に全国で初めて指定された海女漁、2000年の悠久の歴史と文化を刻む伊勢神宮及び伝統的な焼き物の釜土・名所等で行われる火を用いたり、特別支援学校や障害のある方が活動している施設で行われた火を用いたイベントなど。
【採火】
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市、多気町、明和町、大台町、伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、伊賀市、名張市、尾鷲市、紀北町、熊野市、御浜町、紀宝町。
8月13日、伊勢市では伊勢神宮の恒例祭典で使用されている「火きり具」での火起こしと同じ方法で、市内の児童生徒が火起こしをして採火。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:津市 三重県総合文化センター
【聖火ビジット】
県内市町の庁舎をはじめ、スポーツ・文化施設、福祉施設を中心に県内複数市町で実施。

滋賀県

【見どころ】
滋賀県平和祈念館の「平和の燈(ともしび)」に込められた願いがパラリンピックの精神に合致することから、この会場で採火、出立を行う。「平和の燈」から採火後、野洲市内の障害者就労施設できりもみ式火起こし器で起こした火と守山市の「平和を誓うつどい」、甲賀市の伝統的な杣川夏祭りの火を集火する。
【採火】
守山市、甲賀市、野洲市、東近江市。
8月13日 、甲賀市では甲賀市の伝統的な杣川夏祭りで使用する種火からランタンに採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:東近江市 滋賀県平和祈念館
【聖火ビジット】
実施なし

京都府

【見どころ】
聖火は、府内の17市町で採火され、京都市の京都府庁で府内集火式と出立式が行われる。
【採火】
福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、精華町、京丹波町、与謝野町。
8月15日、綾部市では市内にある障害者入所・通所5事業所による「働く私たちの火」「私たちの願いの火」と、市内の祭りの灯篭流しから「市民の火」を持ち寄り、綾部市市民センターでの採火式にて6つの火を 1つにまとめ「綾部市の火」として採火する。
【府内集火・出立】
日程:8月16日
会場:京都市 京都府庁
【聖火ビジット】
調整中

大阪府

【見どころ】
聖火は、府内全43市町村で採火され、大阪府の障がい者スポーツの中核拠点施設である府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ大阪/場所:堺市)で集火を行い、その後大阪市内において、出立式を行う。
【採火】
大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、四條畷市泉南市、交野市、大阪狭山市、阪南市、島本町、豊能町、能勢町、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町、太子町、河南町、千早赤阪村。
8月16日、岸和田市の岸和田城では、だんじり造りでも使用されているケヤキで作った短冊に思いを書いてもらい、採火式において、希望 団体・企業・施設などが独自で起こした種火でケヤキの短冊をたき上げ、その火を採火する。
【府内集火】
日程:8月16日
会場:堺市 大阪府立障がい者交流促進センター ファインプラザ大阪
【出立】
日程:8月16日
会場:大阪市(調整中)
【聖火ビジット】
調整中

兵庫県

【見どころ】
聖火フェスティバルは、県内全41市町が参画。採火式および聖火ビジットは、地盤産業や景勝地の活用等、地域の特色を生かした方法や、特別支援学校、福祉施設等との連携により実施。
【採火】
神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町、西脇市、小野市、姫路市、神河町、市川町、福崎町、相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町、豊岡市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町、丹波市、丹波篠山市、淡路市、洲本市、南あわじ市。
8月14日、神戸市の東遊園地では、「1.17希望の灯り」から採火。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:神戸市 神戸総合運動公園陸上競技場
【聖火ビジット】
実施なし

奈良県

【採火】
大淀町
採火の方法など:日程、会場は調整中。県立特別支援学校(10校)の生徒等による火おこし。
【出立】
日程:調整中
会場:大淀町 大淀養護学校(調整中)
【聖火ビジット】
実施なし

和歌山県

【見どころ】
聖火は、パラリンピック陸上競技強化拠点施設である田辺スポーツパークがある田辺市において採火・出立式を行います。聖火は、広川町で開催された火祭りでおこした火を復興の象徴として「和歌山県の火(稲むらの火)」を東京に送り出す。
【採火】
田辺市
採火の方法など:会場は田辺スポーツパーク体育館。広川町で開催された火祭りでおこされた火を採火し保管。8月16日に「和歌山県の火(稲むらの火)」として採火。
【出立】
日程:8月16日
会場:田辺市 田辺スポーツパーク体育館
【聖火ビジット】
実施なし

鳥取県

【見どころ】
聖火は、県東部・西部の中心都市である鳥取市と米子市の2箇所で採火し、県内すべての市町村を訪問。その後、鳥取県中部地震から復興・福興へと向かう県中部の倉吉市で県内集火を行い、東京へ出立する。採火は、鳥取県が国内外に誇る代表的な観光地である「鳥取砂丘」と「大山」に関連した方法で行う。
【採火】
鳥取市、米子市
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:倉吉市(調整中)
【聖火ビジット】
8/12ー16の5日間、県内の全19市町村で聖火展示などを実施予定。

島根県

【採火】
安来市、雲南市、益田市、江津市、出雲市、松江市、川本町、大田市、津和野町、邑南町、浜田市
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:松江市 くにびきメッセ
【聖火ビジット】
調整中
【見どころ】
聖火は、県内11市町において独自の方法で採火を実施し、松江市で集火・出立を行う。

岡山県

【見どころ】
聖火は、県内全27市町村の参加で行う。8月12日から16日までの5日間、27市町村において採火し、岡山県総合グラウンド陸上競技場において、各市町村の火を1つに集火して「岡山県の火」とし、東京へ向けて出立する。
【採火】
岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、和気町、早島町、里庄町、矢掛町、新庄村、鏡野町、勝央町、奈義町、西粟倉村、久米南町、美咲町、吉備中央町。
8月12日、瀬戸内市の 備前おさふね刀剣の里では備前おさふね刀剣の里備前長船鍛刀場にて鍛錬の工程で採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:岡山市 岡山県総合グラウンド陸上競技場
【聖火ビジット】
一部の市では、県内集火前の聖火を市庁舎等に掲示します。

広島県

【見どころ】
聖火は、核兵器廃絶と世界恒久平和への願いを込め、広島市の平和記念公園で燃え続けている「平和の灯(ともしび)」からの採火など、各地で独自の採火を実施する。
【採火】
広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、三次市、府中市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、神石高原町。
8月15日、広島市の平和記念公園では公園内で燃え続けている「平和の灯」から直接採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:広島市 おりづるタワー
【聖火ビジット】
実施なし

山口県

【採火】
下関市、宇部市、山口市、萩市、防府市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市、周防大島町、和木町、上関、田布施町、平生町、阿武町
【県内集火・出立】
日程:調整中
会場:山口市
【聖火ビジット】
実施なし

徳島県

【見どころ】
聖火フェスティバルを、伝統文化「阿波おどり」の期間に合わせ、8月12日ー14日の3日間で開催。12日ー13日にかけて、全市町村の参画のもと、県内24か所において採火。最終日の14日には、徳島市の「アスティとくしま」において、24の市町村の火を県内で1つに集め、「徳島県の聖火」として県民の方に聖火ビジットを行った後東京へ向け出立する。
【採火】
徳島市、鳴門市、小松島市、阿南市、吉野川市、阿波市、美馬市、三好市、勝浦町、上勝町、佐那河内村、石井町、神山町、那賀町、牟岐町/美波町/海陽町、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町、つるぎ町、東みよし町。
阿波市では市民にパラリンピックへの願いがこもったメッセージカードを記入してもらい、展示。その思いを種火としてロウソクに点火しておき、その火を採火し「阿波市の火」としてランタンへともす。
【県内集火】
日程:8月14日
会場:徳島市 徳島県立産業観光交流センター アスティとくしま 多目的ホール
【聖火ビジット】
県内各地で採火された、パラリンピックを応援する方々の「熱意」の火が、集火式でその姿を1つの光り輝く「徳島県の聖火」に変え、県内の障がい者交流施設をはじめとする複数箇所を訪問。

香川県

【見どころ】
聖火は、県内10市町で採火され、サンポート高松で県内集火が行われる。その後、県内4市町へ聖火ビジットして、香川県庁から出立する。景勝地「屋島」において採火されるほか、県内10市町の各名所において、趣向を凝らした採火が行われる。
【採火】
高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、三木町、宇多津町、綾川町。
8月13日、さぬき市の大窪寺では、常に燃えている「原爆の火」から住職による火の採取を行う。
【県内集火】
日程:8月14日
会場:高松市 サンポート高松
【出立】
日程:8月16日
会場:高松市 香川県庁
【聖火ビジット】
8月14日から15日の2日間にかけて、高松市の丸亀町グリーンけやき広場、三豊市のマリンウェーブ、多度津町の町民健康センター、小豆島町のやすらぎの塔前広場を聖火が順に訪れる。

愛媛県

【見どころ】
県内の東予・中予・南予地域それぞれ1か所ずつ、3市(松山市・今治市・西予市)で採火を実施する。平成30年7月豪雨で被災し、2020年3月に再建された「乙亥会館」でも採火を実施する予定。
【採火】
松山市、今治市、西予市。
8月12日、松山市の松山中央公園でまいぎり式火起こし器を複数使用して、来場者に種火を起こしてもらう。 来場者が起こした複数の種火を、1つの採火皿に合わせて、1つの炎をつくる。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:松山市 愛媛県庁
【聖火ビジット】
3市で採火した火が、採火を実施しなかった県内17市町の公共施設や障がい者福祉施設、老人福祉施設、商業施設などを訪問。

高知県

【採火・出立・聖火ビジット】調整中

福岡県

【採火】
北九州市、福岡市、大牟田市、直方市、飯塚市、田川市、八女市、大川市、豊前市、中間市、春日市、宗像市、古賀市、うきは市、みやま市、糸島市、那珂川市、
宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町、桂川町、大木町、糸田町、川崎町、赤村、みやこ町、上毛町、築上町。
8月13日 、うきは市のうきは市三春天満宮で、古くから行われている火おこしの神事と同様の方法で火をおこし採火する。
【県内集火・出立】
日程:8月15日
会場:福岡市 天神中央公園
【聖火ビジット】
実施なし

佐賀県

【見どころ】
聖火は、吉野ヶ里歴史公園で採火され、佐賀県庁 県民ホールから出立する。佐賀県のシンボル的な公園である吉野ヶ里歴史公園にちなみ、古代の火起こし方法である「舞錐式火起こし」で、子どもたちが火をおこします。
【採火】
採火の方法など:会場は吉野ヶ里歴史公園。特別支援学校の生徒(3人程度)が舞錐式火起こしで採火。
【出立】
日程:8月16日
会場:佐賀市 佐賀県庁 県民ホール
【聖火ビジット】
実施なし

長崎県

【見どころ】
県内の9箇所で採火をし、長崎市で県内集火を行い、出立する。
【採火】
長崎市、佐世保市、島原市、諫早市、大村市、五島市、西海市、雲仙市、南島原市。
8月16日、南島原市の世界遺産、原城跡の本丸広場に、灯火台を設置。火ダネを作る道具(マイギリ)を使い起こした火を点火棒にて灯火台に採火。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:長崎市 おのうえの丘
【聖火ビジット】
実施なし

熊本県

【見どころ】
聖火は、県内各地の市町村にで採火され、熊本市内等で県内集火式・聖火ビジット・出立式を実施する。(*阿蘇市・南小国町・小国町・産山村・高森町・南阿蘇村・西原村は、7市町村合同で採火式を実施)
【採火】
熊本市、八代市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市/天草市/苓北町、宇城市、合志市、美里町、和水町、南関町、長洲町、大津町、菊陽町、嘉島町、甲佐町、山都町、阿蘇市/南小国町/小国町/産山村/高森町/南阿蘇村/西原村。
8月14日、玉名市内にある、オリンピック日本人選手初であり市の名誉市民でもある故金栗四三氏の住家・資料館におい て、地域住民や子どもたちを交えて採火を行い、採火後は採火を持って金栗四三氏の墓参りを行う。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:熊本市 パークドーム熊本
【聖火ビジット】
調整中

大分県

【見どころ】
大分県では、県内全市町村参加のもと17か所で採火。1964年東京パラリンピックで選手団長を務めた故中村裕博士が設立した別府市の太陽の家で集火式を行い、同所で出立式を実施。採火の見どころは、磨崖仏としては全国初の国宝に指定された臼杵市の「臼杵石仏」や、古代の生活・文化を体験できる国東市の「歴史体験学習館 弥生のムラ」などで採火を実施するところ。
【採火】
別府市、大分市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、姫島村、日出町、玖珠町/九重町。
8月16日、竹田市の 興梠房興日本刀鍛錬場では刀鍛冶が採火し、障がい者スポーツを積極的にしている方が代表者としてランタンに点火する。
【県内集火・出立】
日程:8月16日
会場:別府市 社会福祉法人 太陽の家
【聖火ビジット】
大分県では、13市村で採火後の聖火ビジットを行う。

宮崎県

【見どころ】
宮崎市のコンベンションセンターで採火及び出立を行う。多くの人にパラリンピックへの「想い」を込めて描いていただいた「フェニックスの羽」をもとに2体の巨大なフェニックスの絵を作成。そのフェニックスが、羽を描いたすべての人々から命を吹き込まれたかのごとく映像化され、フェニックスが噴き出した炎により採火を行うなど、独自の採火方法にて実施。
【採火】
宮崎市。
採火の方法など:8月12日にリゾート施設内コンベンションセンターで行われる。
【出立】
日程:8月12日
会場:宮崎市 リゾート施設内コンベンションセンター
【聖火ビジット】
実施なし

鹿児島県

【見どころ】
鹿児島県では、8月12日午前に県庁にて採火式を実施し、8月16日午後に県庁にて出立式を実施。また、8月12日午後から8月16日午前の間で聖火ビジットを実施。採火式は、鉄砲伝来の地である鹿児島県の歴史性が感じられるように、種子島火縄銃の保存活動を行う人が火打ち石を使って採火。
【採火】
鹿児島市。
採火の方法など:8月12日に県庁で、種子島火縄銃保存会の会員が、火打ち石で「東京2020パラリンピック聖火(鹿児島県)」を採火する。
【出立】
日程:8月16日
会場:鹿児島市 県庁
【聖火ビジット】
聖火ビジットは、県内各地の大規模障害者入所施設等を訪問。県内30市町村が、それぞれ独自の工夫を凝らして、聖火の展示を行う。

沖縄県

【見どころ】
県内16市町で採火を行い、那覇市の沖縄県庁前「県民広場」で県内集火、出立を行う。採火の見どころは、那覇市にある国指定重要文化財で伝統的な壺屋陶工の住宅に残る「新垣家住宅登り窯(東ヌ窯)」での採火や、前回の東京大会での聖火リレーの際に聖火が宿泊した名護市 嘉陽地区での採火、糸満市の平和祈念公園での採火、その他にも沖縄の太陽光を使った採火など。
【採火】
那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、宮古島市、金武町、嘉手納町、北谷町、与那原町、久米島町、八重瀬町。
8月14日、うるま市の世界遺産である勝連城跡のウミチムン(火の神)にて、採火した火をランタンに格納。
【県内集火・出立】
日程:8月14日
会場:那覇市 沖縄県庁前「県民広場」
【聖火ビジット】
実施なし

静岡県

【見どころ】
全35市町がそれぞれに地域の特色を生かした採火を行った後、静岡市にある「日本平夢テラス」で火を1つにまとめる集火式を行います。その後、5市4区間で聖火リレーを行うとともに、県内10町で聖火ビジットを実施する。
【採火】8月17日。
静岡市、浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、函南町、清水町、長泉町、小山町、吉田町、川根本町、森町。
伊東市では、ボッチャをテーマとした採火を行う。ボッチャボールに見立てた丸いキャンドルと事前に撮影した動画を用意し、その動画を流すとともに、丸いキャンドルに火をつけて、子どもから市長が採火する。
【県内集火】
日程:8月17日。
会場:静岡市 日本平夢テラス。
【出立】
日程:8月17日。
会場: 浜松市 四ツ池公園 。
【聖火ビジット】
県内集火の後、10町の役所や公共施設、福祉施設を聖火が訪れる。

千葉県

【見どころ】
県内全54市町村がそれぞれ独自の方法により採火を行った後に、市原スポレクパークに各市町村の火が集まり、千葉県の火として1つに集火する。集火した千葉県の火により、千葉市内で聖火リレーを行った後に千葉ポートタワー前広場で出立式を行い、東京に向けて火を送り出す。
【採火】8月18日。
千葉市、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町。
鋸南町では事前に開催される灯篭流し会場において、みささぎ島にともす火から種火を採り、これを基に採火を行う。
【県内集火】
日程:8月18日。
会場:市原市 市原スポレクパーク。
【出立】
日程:8月18日。
会場:千葉市 千葉ポートタワー前広場。
【聖火ビジット】
市町村独自の手法で採火された市町村の火や、県内で集火された千葉県の火が県内の複数箇所を訪れる。

埼玉県

【見どころ】
県内の17市町村で採火され、さいたま市のさいたま新都心にあるけやきひろばで県内集火を行う。1つになった炎は県内6市町をリレーで通過後、パラリンピックの射撃競技会場がある朝霞市の朝霞中央公園陸上競技場で出立式を行う。
【採火】8月19日。
飯能市、羽生市、伊奈町、毛呂山町、越生町、小川町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、横瀬町、小鹿野町、東秩父村、美里町、神川町、上里町、寄居町、松伏町。
伊奈町では町の名前の由来となった伊奈備前守忠次をイメージし、火打ち石による江戸時代の採火を再現する。
【県内集火】
日程:8月19日。
会場:さいたま市けやきひろば。
【出立】
日程:8月19日。
会場:朝霞市 朝霞中央公園陸上競技場。
【聖火ビジット】
役場や公園、広場などの地域の交流の場や、障害者福祉センター、特別支援学校など約40市町を聖火が訪れる。

東京都

【見どころ】
都内62全区市町村において採火(式)を行うことにより、都内全域からパラリンピック聖火リレーの気運の盛り上げを図る。
【採火】8月20日。
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村、小笠原村。
新宿区では、新宿区役所正面玄関前に設置されている「平和の灯」から採火する。
【都内集火】
日程:8月20日。
会場:新宿区 東京都庁 都民広場。
【聖火ビジット】
都内集火式の開催前及び開催後(全国集火式の開催前)に、実施を希望する区市町村において実施。

競技会場のある都県の聖火リレー

▼8/17 静岡県▼
採火:全35市町。
県内集火:静岡市。
聖火リレー通過市町村:熱海市→静岡市→御前崎市・菊川市→浜松市。
出立式:浜松市。

▼8/18 千葉県▼
採火:全54市町村。
県内集火:市原市。
聖火リレー通過市町村:千葉市。
出立式:千葉市。

▼8/19 埼玉県▼
採火:17市町。
県内集火:さいたま市。
聖火リレー通過市町村:幸手市→蓮田市・白岡市→川島町→入間市→朝霞市。
出立式:朝霞市。

▼8/20 東京都▼
採火:全62区市町村。
都内集火:新宿区。
聖火リレー通過市町村:新宿区→中野区→豊島区→北区→文京区(その後、集火式)。

1つに統合された聖火の東京都内のリレー

▼8/21▼
千代田区→台東区→墨田区→江東区→江戸川区。
セレブレーション会場:江戸川区 都立葛西臨海公園第三駐車場
▼8/22▼
国立市→日野市→立川市→東大和市→国分寺市。
セレブレーション会場:国分寺市 国分寺市新庁舎建設予定地(いずみプラザ東側用地)
▼8/23▼
西東京市→三鷹市→府中市→調布市→世田谷区。
セレブレーション会場:世田谷区 都立砧公園ねむのき広場
▼8/24▼
中央区→港区→渋谷区。