千葉県 新型コロナ担当職員4人 居酒屋で深夜まで飲食で注意

千葉県は31日、記者会見を開き29日、新型コロナウイルス対策を担当している県の部署の職員ら4人が、千葉市内の居酒屋で深夜まで飲食していたことが分かったとして、4人を注意したことを明らかにしたうえで、陳謝しました。

それによりますと29日、新型コロナウイルス対策を担当している健康福祉部などの20代から30代の職員4人は、千葉市内の居酒屋で午後11時半まで飲食をしていたということです。

千葉県は緊急事態宣言が解除されたあとも飲食店などに対して営業時間を午後9時までにするよう求めていますが、4人はこの日、送別会をかねて午後6時から別の飲食店で食事をしたあと、午後9時半から2次会のために居酒屋を訪れていたということです。

匿名の通報が県に寄せられたことから調査をした結果、事実を認めたということで、県は4人を注意しました。

4人は「軽率な行動だった」と話しているということです。

千葉県健康福祉部の中村勝浩次長は「要請を順守すべき立場にある県職員が夜間の飲食を行い、深くおわび申し上げます。二度とこうしたことが起こらないよう信頼回復に努めてまいります」と陳謝しました。