西武鉄道 一部路線 脱炭素に向け太陽光発電の電気だけで運行へ

鉄道業界で二酸化炭素の排出を減らす「脱炭素」に向けた新たな取り組みです。私鉄大手の西武鉄道は、4月1日から一部の路線を太陽光発電による電気だけで運行することになりました。

西武鉄道が4月1日から太陽光発電の電気だけで運行するのは、埼玉県所沢市の「西武球場前駅」と東京 東村山市の「多摩湖駅」を結ぶ山口線です。

この路線は全長がおよそ2.8キロで、野球場や遊園地を訪れる人を中心に年間およそ100万人が利用しています。

必要な電力は自前の太陽光発電施設や電力会社を通じて確保し、今回の取り組みによって、この路線から排出されていた年間およそ300トンの二酸化炭素を実質ゼロに削減できるということです。

西武鉄道の本田直志電気部長は「鉄道は多くの電気を使うので二酸化炭素の削減は重要だ。自然豊かな路線を利用しながら、環境への意識を高める機会にしてほしい」と話しています。

首都圏の私鉄では、東急電鉄が世田谷線の運行に使う電力をすべて再生可能エネルギーに切り替えていて、今後、鉄道業界でも脱炭素社会に向けた取り組みが加速しそうです。