ブタの伝染病 CSF 豚熱 「ワクチンの効果過信せず対策を」

奈良県の養豚場でブタの伝染病のCSF、豚熱に感染したブタが確認されたことを受けて、野上農林水産大臣は31日の対策本部の会議で、ワクチンを接種したブタでも感染が確認されているとして「ワクチンの効果を過信せずに日々の対策を励行してほしい」と呼びかけました。

奈良県の養豚場で31日、CSF、豚熱に感染したブタが確認されました。

これを受けて、農林水産省は対策本部の会議を開き、奈良県が行う防疫措置に必要な人員や物資の支援を行うなどして、まん延防止に向けて協力していくことを確認しました。

そのうえで、野上大臣は今回の養豚場では、ワクチンを接種したブタと接種していないブタの両方から感染が確認されたとして「ワクチンを接種していても、必ずしもすべてのブタが免疫を獲得できるわけではない。ワクチンの効果を過信せずに野生動物の侵入防止対策や手や指、それに車両の消毒など日々の対策を励行していただきたい」と呼びかけました。