大井競馬場もワクチン集団接種の会場に 東京 品川区

東京・品川区は新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に進めようと、新たに大井競馬場を集団接種の会場に追加することを決めました。

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、品川区は、4月19日の週にワクチンが届いたあと、その翌週から高齢者施設への巡回接種を始め、5月以降は集団接種も行う方針です。

このうち、集団接種の会場について、品川区は人が密集しないよう、会場を点在させる調整を進めていて、このほど、新たに勝島地区にある大井競馬場の一部の施設が会場として提供されることになったということです。

競馬場内の一部の屋内の観客席を接種場所にするということで、区ではこの場所で1日当たり250人程度、接種を行うことを想定しています。

また、競馬の開催中は競馬目的の来場者と移動エリアを分けるなどして感染予防対策をとることにしています。

品川区では、大井競馬場は車での来場が可能で利便性が高いため、接種する人が増えるのではないかと期待を寄せています。

これで品川区内のワクチンの集団接種会場は9か所となりました。