10万本のチューリップが見頃 静岡 吉田町

静岡県吉田町の公園では、春の陽気の中、およそ10万本の色とりどりのチューリップが見頃を迎えています。

静岡県吉田町の県営吉田公園では、毎年、地元の企業などからボランティアを募り、チューリップの球根を植えていて、ことしはおよそ10万個の球根を植えました。

チューリップの花は先月下旬から咲き始め、赤や白や黄色など色とりどりの花が見頃を迎えています。

花びらのふちに細かい切れ込みのある「クリスタルビューティー」や、大きな花と深い赤色が特徴の「ジャンボピンク」など、およそ50種のチューリップが咲きそろい、訪れた人たちが写真に収めていました。

親子で訪れた女性は「子どもがこの春から保育園に入ります。まさに門出を感じさせる春らしい花だと思います」と話していました。

チューリップの花は来月上旬ごろまで見頃だということで、公園では、花を楽しむ際は、マスクを着用して他の人との距離を取ることや、食べ歩きはせず、飲食の際は広い芝生広場を利用するよう感染症対策を呼びかけています。