「桜を見る会」の懇親会問題 安倍前首相らを不起訴に 東京地検

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐり、会場となったホテル側による値引きを、政治資金収支報告書に寄付として記載しなかったのは違法だなどとして、告発されていた安倍前総理大臣ら4人について東京地方検察庁は30日不起訴にしました。

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題では、去年12月、懇親会を主催した政治団体「安倍晋三後援会」の代表だった元公設第1秘書が、懇親会の収支を報告書に記載しなかった、政治資金規正法違反の罪で略式起訴されましたが、安倍氏本人は嫌疑不十分で不起訴になっています。

都内のホテルで開かれた懇親会には会費5000円で支援者らが参加していて、ホテル側による値引きを政治資金収支報告書に寄付として記載しなかったのは違法だなどとして、大学教授が新たに安倍氏や元公設第一秘書ら4人を告発していましたが、東京地検は30日、いずれも不起訴にしました。

検察は懇親会の価格は、後援会側とホテル側が交渉して決めたもので、不当な値引きとまでは言えず、ホテル側からの寄付にはあたらないと判断したということです。