首相 自由で開かれたインド太平洋でインドネシアに協力求める

菅総理大臣は、外務・防衛の閣僚協議に出席するため、日本を訪れたインドネシアの閣僚の表敬を受け「法の支配に基づく自由で開かれた秩序こそが、平和と繁栄をもたらす」と述べ「自由で開かれたインド太平洋」の推進への協力を求めました。

日本とインドネシアの、外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2プラス2が30日開かれるのを前に、インドネシアのルトノ外相とプラボウォ国防相が総理大臣官邸を訪れ、菅総理大臣を表敬しました。

この中で、菅総理大臣は30日閣僚協議のあとに署名が予定されている防衛装備品の技術移転協定が、さらなる安全保障協力の基盤となることに期待感を示しました。

その上で、「法の支配に基づく自由で開かれた秩序こそが、平和と繁栄をもたらすと確信し『自由で開かれたインド太平洋』を推進している」と述べ、インドネシアをはじめとしたASEAN諸国からも協力を得たいという考えを伝えました。

これに対し、ルトノ外相は「感染拡大が収束して、ジョコ大統領が外遊する際は、最も重要な国の一つとして、日本を考えている。インド太平洋を含めた地域の安定の達成には、包括的な協力を進めていくことが重要だ」と応じました。

また、ミャンマー情勢について、菅総理大臣は、多数の死傷者が出ている状況を強く非難したほか、「海警法」の施行を含む最近の中国の動向について、深刻な懸念を表明しました。