ゴマフアザラシの赤ちゃん すくすくと成長 和歌山 白浜町

和歌山県白浜町のテーマパークで今月20日にうまれたゴマフアザラシの赤ちゃんがすくすくと成長しています。

和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド」では今月20日、2年ぶりにゴマフアザラシのメスの赤ちゃんがうまれました。

赤ちゃんは全身が白い産毛に覆われていて母親に体をすり寄せて甘えているような愛くるしい姿を見せています。

うまれた時は体長が60センチ、体重は6.7キロでしたが、1週間余りたって体長は17センチ伸び、体重も倍以上の15キロほどにまで大きくなりました。

赤ちゃんは泳ぎがまだ得意ではないため、プールで泳ぐ練習をしてから一般公開される予定で、テーマパークは、配信している動画で成長の様子を楽しんでほしいとしています。
飼育員の十代紗希さんは「赤ちゃんが公開されたら、あたたかく見守っていただければと思います。たくさんの人に愛されて育ってほしいです」と話していました。