“ミドリムシでプラスチック生産へ” 企業や大学などが連携

プラスチックの生産にともなう二酸化炭素の排出量を減らそうと企業や大学などが連携し、微生物のミドリムシから抽出した成分でバイオマスプラスチックを量産する技術の開発に乗り出すことになりました。

石油を原料とする従来のプラスチックは生産の過程で二酸化炭素を多く排出していて脱炭素社会の実現に向けて課題となっています。

こうした中、ベンチャー企業のユーグレナとセイコーエプソンやNEC、それに東京大学などが連携して新たな組織を立ち上げミドリムシの成分からプラスチックを量産する技術の開発に乗り出すことになりました。
具体的にはミドリムシの体内から抽出した「パラミロン」という成分を化学反応させて作った樹脂を使ってバイオマスプラスチックを量産することを目指します。

ミドリムシが光合成することで二酸化炭素を吸収する効果も期待され、石油から生産するよりも二酸化炭素の排出量が抑えられると見込まれています。

ユーグレナなどは2030年には年間20万トン規模で生産し、石油を原料とするプラスチックの生産量の削減につなげたい考えです。
開発に携わる東京大学の岩田 忠久教授は「プラスチックは生活を豊かにしてきた材料であり、バイオマスプラスチックの生産に向けて企業が結集し、新たな産業を創出する必要がある」と述べました。