ミャンマー軍が少数民族側に空爆で報復 住民が隣国タイへ避難

ミャンマーでデモ隊への弾圧を強めている軍は、抗議する市民たちに加勢する少数民族の武装勢力から攻撃を受けたため空爆で報復に出ていて、空爆を受けている地域では住民たちが隣国のタイに向けて避難を始めています。

ミャンマー軍は軍の記念日にあたる今月27日、デモ隊への弾圧を一段と強め、地元のメディアによりますとクーデター以降で最も多い114人が死亡し、28日も最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレーなどで合わせて5人が死亡しました。

国営テレビは28日夜「停戦協定に署名している勢力の一部が協定に違反して軍の拠点を攻撃した」と伝え、南東部カレン州の武装勢力から27日に攻撃を受けたことを認めました。

そして「必要な行動を続ける」として、軍が武装勢力に対して報復を行っていることを示唆しました。

これに対しカレン族の団体は声明を出し、ミャンマー軍による空爆を受けて住民3000人以上が隣国のタイに向けて避難を始めたと訴えています。

アウン・サン・スー・チー氏が率いる政党の議員らで組織する「連邦議会代表委員会」は、国内の少数民族の武装勢力にデモ隊の側に立ってともに戦うよう呼びかけ、それに応じた武装勢力が市民に加勢する動きが出ていて、ミャンマー情勢は緊迫の度合いが増しています。

“ミス・ミャンマー”が涙の訴え「どうかミャンマーを助けて」

ミャンマーでクーデターに抗議する市民への弾圧が強まる中、今月27日にタイのバンコクで開かれた国際的なミス・コンテストの決勝では、出場したミャンマー代表の大学生が涙ながらに国際社会の支援を訴えました。

ミャンマー代表でヤンゴン大学の大学生、ハン・レイさんは「私の母国ミャンマーでは、私がこのステージに立っている間にも多くの人々が亡くなっています。私はここで、どうかミャンマーを助けてくださいと言いたいです。私たちは今すぐにでも国際的な支援を必要としています」と涙ながらに訴えました。

会場にいる人たちからは大きな拍手が送られました。