沖縄県 営業時間短縮要請へ 那覇など本島中南部 4月1日から

沖縄県は、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けて、4月1日から3週間、那覇市など沖縄本島の20の市町村を対象に飲食店などに対する営業時間の短縮を要請する方向で最終的な調整に入りました。

沖縄県内では県独自の緊急事態宣言が解除された今月1日以降、20代から40代を中心に飲食の場を介した感染が拡大しています。

これを受けて沖縄県は、来月1日から21日までの3週間、飲食関連での感染が相次いでいる那覇市など沖縄本島の20市町村を対象に、飲食店などに対する営業時間の短縮を要請する方向で最終的な調整に入りました。

具体的には、営業時間を夜8時か9時までに短縮する方向で調整していて、要請に応じた事業者を対象に84万円の協力金の支給を検討しています。

沖縄県は先月28日まで営業時間の短縮を要請していましたが、わずか1か月で再び要請を余儀なくされる見通しとなりました。

沖縄県は、県民に対しては不要不急の場合を除いて外出を控えるよう要請する方向で調整していて、29日の対策本部会議で正式に決定することにしています。

営業時間短縮の要請が検討されている市町村

▽那覇市
▽糸満市
▽浦添市
▽豊見城市
▽南城市
▽宜野湾市
▽沖縄市
▽うるま市の8つの市と、
▽西原町
▽与那原町
▽南風原町
▽八重瀬町
▽金武町
▽嘉手納町
▽北谷町の7つの町、
▽恩納村
▽宜野座村
▽読谷村
▽北中城村
▽中城村の5つの村です。