スエズ運河 座礁コンテナ船 船底の水抜き満潮時に離礁試みる

アジアとヨーロッパを結ぶ海上交通の要衝、エジプトのスエズ運河で、愛媛県の会社が所有する大型のコンテナ船が座礁し運河が通れなくなっている問題で、現地の管理当局は、船を安定させるため船底に入れているバラスト水を抜くなどして船を動きやすくしていて、28日も満潮時に離礁を試みることにしています。

エジプトのスエズ運河では、23日、愛媛県の正栄汽船が所有し、台湾の会社が運航する大型のコンテナ船が座礁して運河が塞がれた状態が続いていて、通過を待つ船舶が300隻以上にのぼっています。

運河を管理するスエズ運河庁は、27日の会見で、船を安定させるため船底に入れている9000トンのバラスト水を抜いて、船を動きやすくしたことなどを説明しました。

ただ、船を離礁させ、運河の通過が再開できるめどについては明らかにせず、進展がない場合、船の重量を減らすため積み荷のコンテナを降ろす可能性があるとしています。

これについて、作業を支援しているオランダのサルベージ会社の関係者は、1万個以上にのぼるコンテナのうち、船首付近のおよそ600個が対象になるとの見方を示しています。

スエズ運河庁は、28日も満潮時に離礁を試みることにしていますが、今後も作業が進展せず、コンテナを降ろすことになれば、物流への影響がさらに長期化するおそれがあります。