29日以降 黄砂の飛来予想 西~北日本の広範囲 見通し悪く注意

29日以降は、西日本から北日本の広い範囲で黄砂の飛来が予想されています。黄砂による見通しの悪化や、屋外での黄砂の付着などに注意が必要です。

気象庁によりますと、中国の北部では黄砂が観測されていて、28日午後3時現在、物が肉眼ではっきり見える範囲の「視程」が、2キロ未満になっているところがあります。

黄砂は次第に東へと流され、29日から30日にかけて西日本から北日本の広い範囲に飛来する見込みで、「視程」は10キロを下回り、ところによっては5キロ未満になると予想されています。

その後、黄砂は次第に薄まりますが、31日にかけて飛来が続く見通しです。

見通しが悪くなると車の運転など交通への障害が発生するおそれがあるほか、屋外では黄砂が付着するところもあり、気象庁が注意を呼びかけています。