センバツ 東海大菅生が京都国際に逆転サヨナラ勝ちでベスト8

センバツ高校野球、大会8日目の第2試合は、東京の東海大菅生高校が京都国際高校に5対4でサヨナラ勝ちしてベスト8進出を決めました。

東海大菅生は、2回、連続ヒットでノーアウト一塁三塁のチャンスをつくり、続くバッターの内野ゴロの間に1点を先制し、3回にも1点を加えて2対0とリードしました。

これに対して京都国際は5回、3番の中川勇斗選手が満塁の走者を一掃するタイムリーツーベースを打ったのに続き、ピッチャーで4番の森下瑠大投手にもタイムリーヒットが出て一気に4点を奪って逆転しました。

それでも、東海大菅生は2点を追う9回、1点を返し、なおも満塁のチャンスで大会直前にメンバー入りした2年生の多井耶雲選手が代打で、ライト線への2点タイムリーツーベースヒットを打ち、5対4で逆転サヨナラ勝ちし、準々決勝進出を決めました。

4回目の出場となる東海大菅生は、1回戦でセンバツ初勝利をあげたのに続き、初めてのベスト8進出を決めました。

東海大菅生 若林監督「選手の勢いが勝った」

東海大菅生の若林弘泰監督は、9回に3点を奪って逆転サヨナラ勝ちした試合について「一時はだめかなという雰囲気もありましたが、選手の勢いが勝りました。ここいちばんの場面で気持ちの強い多井耶雲選手を代打で出しましたが、見事に応えてくれました」と振り返りました。

そのうえで「次の相手はどちらが勝ち上がってきても強豪なので、当たって砕けるような気持ちで臨み、いい試合をしたい」と話しました。

東海大菅生 多井選手「気持ちでは負けなかった」

東海大菅生の多井耶雲選手は代打で出場し、サヨナラのタイムリーツーベースヒットを打った場面について「自分が決めるという気持ちで打席に入りました。追い込まれましたが、気持ちでは負けませんでした。高めに浮いたアウトコースの球をきっちり打てました。打ってベースを回った瞬間は頭が真っ白になりました」と振り返りました。

京都国際 小牧監督「また戻ってきたい」

京都国際の小牧憲継監督は「9回は勝ち急いでしまい、下級生主体のチームの甘さが出てしまいました。初めての甲子園は、本当にすばらしく、また戻ってきたいと思わせてくれました。いざ足を踏み入れると感動しました」と話しました。

そのうえで、先発の森下瑠大投手を最後まで代えなかった理由について、「投手リレーを考えていた平野順大投手が2回の打席でひじにデッドボールが当たり、力が入らない状態でした。運と勢いで、勝ち上がってきましたが、甲子園はごまかしがきかない場所だと感じました。次は本当の力をつけて戻ってこられるように、投手、野手ともにチーム全体の底上げを図りたいです」と話していました。

京都国際 森下投手「“魔物”がいるのかと思った」

京都国際の森下瑠大投手は、サヨナラヒットを打たれた9回について「球場の雰囲気ががらっと変わり“魔物”がいるのかと思いました。絶対このバッターで抑えて決めようと勝負を急いでしまい、自分の力のなさが出てしまいました」と悔しそうに話していました。

そのうえで「自分のふがいなさや実力のなさがわかったので、体を大きくして実力をあげて、夏にもう一度甲子園に帰ってきたいです」と話していました。

“遅れてきたヒーロー”

東海大菅生高校の初めてのベスト8進出を決める一打は、大会直前にメンバー入りした2年生の多井耶雲選手から生まれました。

多井選手は去年一度もベンチ入りできませんでしたが「チャンスがある」と信じて自主練習でバットを振り込んできました。こだわったのは、回数ではなく、常に相手ピッチャーを想定して丁寧にスイングすることでした。

そして、大会直前の練習試合で結果を残した多井選手は、背番号18でベンチ入りを果たし、27日の2回戦では、9回、1点差に追い上げなおも2アウト満塁のチャンスの場面で代打に送られました。

緊迫した場面で迎えた公式戦の初打席、若林弘泰監督は「バッティングはずっといい。走力がまだまだだけど、それを上回るほどの強い気持ちがある最後に滑り込んでメンバー入りしたので、運も加味して選んだ」と起用の理由を話しました。

多井選手は、初球のストライクを見逃し、2球目は空振りで簡単に追い込まれますが、「決めるという気持ちしかなかった」と冷静でした。ボールを1球を見逃したあとアウトコースの球を逆らわずに打ち返した一打は、人生で初めてのサヨナラヒットとなりました。

多井選手は、試合後、「チームメートから『おまえがヒーローだ』と言われました。本当にそうだと思います」と興奮を隠しきれませんでした。

今大会は、多井選手のように秋の公式戦でベンチに入れなかった選手の活躍が目立っています。“遅れてきたヒーロー”は、夏に向けて、レギュラーの選手たちを刺激するとともにアルプス席での応援に回った部員を勇気づける存在です。