LINE側にさらに資料の提出求める 政府の個人情報保護委

通信アプリのLINEをめぐる問題で、政府の個人情報保護委員会は、これまでに提出された資料だけでは検証が不十分だとして、引き続き、必要な資料の提出を求めてLINE側の個人情報の取り扱いを検証していくことにしています。

通信アプリのLINEが、利用者の個人情報などを中国からアクセスできる状態にしていたり、韓国で管理していたりした問題で政府の個人情報保護委員会は、LINE側に事実関係の報告と関連資料の提出を求め個人情報が適切に管理されているか検証を進めてきました。

そして、26日夜、委員会の事務局の担当者が記者会見して現状を説明しました。

委員会としては、今月23日の期限までに提出された資料だけでは十分な検証ができなかったとして、引き続き、LINE側に必要な資料の提出を求めて、個人情報の取り扱いの検証などを行うとしています。

また、中国からの個人情報へのアクセスを遮断したというLINE側からの報告に基づき、実際に遮断されているか検証も進めているとしています。