北朝鮮ミサイル発射 “新型の可能性が高い” 韓国メディア

北朝鮮が25日発射したミサイルについて、韓国メディアや専門家は、ことし1月に北朝鮮が軍事パレードで公開した新型ミサイルの可能性が高いという見方を示し、北朝鮮は各国のミサイル防衛システムをかいくぐる新型ミサイルの開発を進めていると指摘しています。

26日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、新たに開発した「新型戦術誘導弾」の発射実験がきのう行われたとしたうえで「低高度飛行で変則的な軌道特性を再確認した」と伝えました。

北朝鮮はことし1月の軍事パレードで、複数の新型とみられるミサイルを公開しましたが、このうち、片側5輪の移動式発射台に載せられたミサイルがきのう発射されたミサイルと形状などが似ています。

これについて韓国の公共放送KBSは26日、「北は戦術誘導弾の改良型を1月の軍事パレードで公開したが、今回、発射したミサイルがこの改良型と推定される」と伝えたほか、通信社の連合ニュースは「ことしはじめの軍事パレードで公開したあと、はじめて発射実験が行われた。射程が600キロであれば韓国全域が打撃圏内に入る」と伝えました。

また、軍事アナリストで東京大学先端科学技術研究センターの小泉悠特任助教も、1月に公開した新型ミサイルを25日発射した可能性が高いという見方を示しました。

そして今回のミサイルは、低空で飛行し変則的な軌道で落下する、ロシアの短距離弾道ミサイル「イスカンデル」を大型化して改良したタイプではないかとしたうえで、北朝鮮は各国のミサイル防衛システムをかいくぐるミサイルの開発を進めていると指摘しました。