日航ジャンボ機墜落事故の遺族 データ開示求め日本航空を提訴

520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故の遺族2人が、日本航空がボイスレコーダーなどのデータの開示を拒否したのは、個人情報保護法などに違反するとして開示するよう求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。

訴えを起こしたのは、36年前、群馬県の御巣鷹の尾根に日航ジャンボ機が墜落し、520人が犠牲になった事故で亡くなった副操縦士の姉と乗客の妻の2人です。

訴えによりますと2人は、遺族には個人情報保護法や憲法で保障されたプライバシー権に基づいてボイスレコーダーやフライトレコーダーのデータの開示を求める権利があるのに、日本航空が拒否したのは違法だなどとして、すべてのデータを開示するよう求めています。

会見では原告の1人で事故で夫を亡くした吉備素子さんのビデオメッセージが上映され「ボイスレコーダーなどを開示することが、犠牲になった520人の供養になる。遺族が開示を求めるのは当然の権利で、事故の疑問点を払拭(ふっしょく)し、原因を明らかにするため、日本航空には持っている情報をすべて開示してほしい」と話していました。

日本航空は「訴状を受け取っていないため、現時点では会社としてコメントできかねます」としています。