100年以上公開されてこなかったゴッホの絵画 約17億円で落札

オランダの画家ゴッホの作品で100年以上にわたってフランスの家族のもとで保管され公開されてこなかった絵画がパリで競売にかけられ、1300万ユーロ余り、日本円でおよそ17億円で落札されました。

落札されたのはゴッホがパリに滞在していた1887年に描いた「モンマルトルの通りの光景」です。

風車を中央に据え、その前の通りを歩く人々が描かれていて、ゴッホがオランダからフランスに移り住んだあと、印象派の影響を受けて明るい色彩の作品を描き始めた転換期の作品とされています。

25日、パリで開かれたオークションで競売にかけられた結果、フランス国内で落札されたゴッホの作品としては最高額とされる1300万ユーロ余り、日本円でおよそ16億7000万円で落札されました。

競売会社のサザビーズによりますと、この絵画はフランスの家族が100年以上所蔵していて、美術館などで公開されたことが一度もないということです。