成田と羽田空港 “顔認証”による搭乗手続き 7月導入へ

成田空港と羽田空港で、航空機に搭乗するまでの手続きを顔の認証技術を使って行うシステムがことし7月から導入されることになりました。人との接触の機会を減らせるとして新型コロナウイルスの感染防止の効果も期待されています。

新たに導入されるのは、顔の認証技術を活用した搭乗手続きのシステムで、成田空港では全日空と日本航空の国際線で、羽田空港では一部の航空会社の国際線でいずれもことし7月から運用が開始されます。

このシステムでは、顔の認証技術に対応したチェックイン端末などで、個人の顔の画像、パスポートの顔写真、それに搭乗券のデータを読み込ませてそれぞれの情報をひもづけます。

それ以降、手荷物を預けたり保安検査場や搭乗ゲートを通過したりする際は、備え付けられたカメラで顔の識別を行うだけで手続きや通過ができるということです。

顔の画像データなどは24時間以内にすべて消去するということです。

人との接触の機会が減るため新型コロナウイルスの感染拡大防止の効果も期待されていて、成田空港会社の田村明比古社長は25日の会見で、「待ち時間の短縮に加え、感染防止の観点からも効果が期待できる。国際的な渡航の再開に向けても重要な取り組みになると考えている」と話していました。