“中国のハッカー集団 国外ウイグル族を標的” フェイスブック

IT大手のフェイスブックは、中国国内のハッカー集団が偽のアカウントを利用して海外で生活するウイグル族の活動家やジャーナリストをハッキングの標的にしていたとして、関連するアカウントを削除したと発表しました。

フェイスブックは24日、声明を出し、中国国内で活動するハッカー集団が海外に住むウイグル族の活動家やジャーナリストを監視するため、ハッキングの標的にしていたと発表しました。

ハッカー集団は、学生などを装って、フェイスブック上に偽のアカウントを作ったうえで、ウイグル族の活動家などに近づき、不正なプログラムが仕組まれたリンクをクリックさせるなどしてハッキングしていたということです。

トルコやアメリカなどに住むウイグル族の人たち、500人近くが被害に遭った可能性があったということで、会社では、注意を促すとともにハッカー集団が利用していたアカウントを削除しました。

声明では「だれが背後にいるのかはっきりしないが、豊富な資金力と継続的な活動の特徴がある」と指摘しています。

中国の新疆ウイグル自治区をめぐっては、ウイグル族の人たちへの人権侵害が続いているとして欧米各国が批判を強めているのに対し、中国は「事実ではない」などと反発しています。