米軍次期司令官「最大懸念は台湾に対する中国の軍事動向」

アメリカ・インド太平洋軍の次の司令官に指名されたアキリーノ太平洋艦隊司令官は「地域の最大の懸念は台湾に対する中国の軍事動向だ」と指摘し、抑止力を維持するために日本などの同盟国との連携が不可欠だという考えを示しました。

アメリカ・インド太平洋軍の次の司令官に指名されたアキリーノ太平洋艦隊司令官は指名の承認に向けて23日、議会上院・軍事委員会の公聴会に出席しました。

アキリーノ氏はこの中で、インド太平洋地域の安全保障環境について「最大の懸念は台湾に対する中国の軍事動向だ」と指摘しました。

そのうえで「地域に展開するアメリカ軍だけでなく、価値観を共有する同盟国や友好国などと連携して即応できる態勢を構築し、抑止力を維持していくことが強く求められる」と述べ、日本など、地域の同盟国との連携が不可欠だという考えを示しました。

アメリカ国内では、野党共和党を中心に、バイデン政権が重要課題に位置づけている気候変動問題などの分野で中国からの協力を得るために、安全保障分野で譲歩するのではないかという懸念が出ています。

これに対しアキリーノ司令官は、アメリカ海軍が行ってきた台湾海峡の通過や、南シナ海で中国が主権を主張する海域を航行する「航行の自由作戦」は継続すべきだと述べ、米中の外交政策のゆくえにかかわらず、作戦を継続していく考えを示しました。