皇居の工事現場で江戸初期とみられる江戸城の石垣見つかる

皇室ゆかりの美術品などを収蔵・展示する皇居の「三の丸尚蔵館」の建て替え工事の現場から、およそ400年前の江戸初期の頃のものとみられる江戸城の石垣が、新たに見つかったことがわかりました。

皇居・東御苑の「三の丸尚蔵館」は、収蔵・展示スペースを大幅に拡充するための建て替え工事が進められていますが、関係者によりますと、この現場から、これまで私たちが目にしてきた石垣よりも古い、およそ400年前の江戸時代初期の頃のものとみられる江戸城の石垣が、新たに見つかったということです。

江戸城は、江戸時代の初めから本格的な増築や改築が繰り返されています。

見つかった石垣は、そうした時期の江戸城の様子がうかがえる建造物の可能性もあり詳しく調査が進められていて、近く地元の千代田区や宮内庁によって公表される見通しです。

これに先立って先月1日には、宮中祭祀(さいし)で皇居を訪れた天皇陛下も、現場に足を運んで、見つかった石垣などをご覧になったということです。

石垣は、崩れたりするおそれもあるため、調査後は埋め戻して保存される見通しで、宮内庁は「三の丸尚蔵館」の建て替え工事については、建物の設計を変更したり期間を延長したりして対応していく方針です。